オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『境界の彼方』最終12話.「灰色の世界」

 最後まで楽しく見た…けれど…
 この作品の魅力は演出や作画のパワーに大きく頼っており、高クオリティーな作品作りを可能とする京都アニメーション以外で作られていたなら、妥当・普通・まあまあという評価に落ち着いていたかも。
 クライマックスの展開、分からないことはないにせよ、説明を略したり謎を残している部分があり、感情移入度が高かったとは言いづらい。
 ラスト、未来が帰ってきたことについて、しっかり理由付けはあったんだっけ?
何しろハッピーエンドだし、視聴者の興味は「バトルの顛末」「物語の行く末」なんかより「秋人・未来の関係」にあったと思うので、そこを気持ち良く終わらせられたことは評価するが。

 不死身の主人公、その内に秘められた大いなる災厄、そうと知っても好意を寄せる周囲の人間達、命をかけて築くヒロインとの恋愛関係…悪くない筋立てながら、どうにも同社制作の『中二病…』妄想パートを思わせて、フクザツ。
二作品は、アニメ制作会社が同じという以外に本来は関係ない訳で、こう言われても困るだろうけど、京アニとしての強い個性が共通しているため、ヒネた『中二病…』を経てまた普通に中二病設定のアニメを見せられると何だか素直に受け取りづらい。

 博臣・美月の少々屈折した兄妹、のほほんと京都弁を駆使し言って欲しくないことを言ってしまう彩華など、脇のキャラが魅力的だったな。
特に、コスプレ好きでバカっぽいがそれだけであるはずもない母・弥生は、その再登場を楽しみにシリーズを見続けさせるだけのパワーがあった、個人的に!
 見て損したと感じる内容ではないし、第二シーズンがあるなら嬉しいこと。
 しかし…どんな題材でも説得力のあるアニメにしてしまえる京アニであればこそ、原作についてはもっと厳しく選別して良いような。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『サムライフラメンコ』11.「フロム・ビヨンド」 | HOME | 『蒼き鋼のアルペジオ』08.「人形の家」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |