オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ウィッチクラフトワークス』01.「多華宮君と炎の魔女」

 原作漫画未読。
 作画がとても良く、好みなので、一気に引きつけられる。
 内容は…さえない主人公の男の子が、学校中から憧れられている少女に好かれてしまう、願望充足型ストーリー。
少女は魔女であり、恋愛感情以外の対主人公行動動機がありそうで、アイドルに好かれる反動として「他全員から憎まれる」というバランス感覚もあるけれど。

 可愛い、と言って良い外見を持ちながら、剣呑な攻撃力を持つウサギ軍団が印象的。
単に魔法バトルであれば、割合良くある話で終わってしまいそうな所を、呑気なのか恐ろしいのか判断に困るウサギ達のビジュアルが独自のモノに変えている。
 演出が上手いなあ、と思えば、監督・第一話脚本コンテは水島努。

 撃退したネコ耳(?)魔女は、いずれ主人公に惹かれることになったり…とか思う間もなく、一話終わりで彼女を含み五人の魔女がクラスに転入。
展開早い!
 「魔女」のダークなイメージを笑いに変えてしまうテンポ良いエンディングも気持ちいい。
 気楽に見続けられそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『スペースダンディ』01.「流れ流されて生きるじゃんよ」 | HOME | 『みんな集まれ!ファルコム学園』01.「ファルコム学園開校」>>

この記事のコメント

ちょっとだけイライラさせられたなぁ。
最初の戦いの後で主人公が目覚めた時になぜ説明しない?
そして信じなかった僕が悪かった?
なんだそりゃ。
どうみたって説明する時間は幾らでもあったのに、それをしようとしなかったデカ女の方が悪いじゃん。
その上、ボディガードとか言いながら最初の頃は主人公が普通にボコられても全然スルーだし。
原因だってデカ女のせいなのにw
今期も数多くある典型的な巻き込まれ型主人公か。
2014-01-10 Fri 21:17 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。