オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ノブナガ・ザ・フール』01.「星 THE STAR」

 アニメオリジナル企画。
 今期二本目の信長物。
 信長・光秀・秀吉がみんな美形になっている辺り、『戦国BASARA』的な内容なのかと思えば、巨大ロボットの登場。
 ロボットや異生物が存在する異世界戦国時代をそれなりに描いていくのかという予想も裏切り、ジャンヌ・ダルク、マゼラン、ダ・ヴィンチら海外の偉人、乱入。
 歴史上の有名人なら、版権にうるさくなくて豪華キャラクターを共演させられるから、便利だなあ。
しかし、アインシュタインもマッカーサーも大丈夫だろうけど、東條英機や山本五十六になると…使われなさそう。

 惑星ごとに異なる世界・時代が存在してるのかな。
光秀とも良好な関係にありそうな信長は、いずれ天下統一を成し遂げる流れになる?
 別に悪い所は無い、が、特に引かれる所も無い第一話。
 数話ほど見てフェイドアウトしそうな…と思う内容だけど、シリーズ構成が河森正治なのか。
なら、何らかの仕掛けがあったり、意外な展開を迎える可能性もあるなあ。
 ちょっと様子見。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『とある飛空士への恋歌』02.「カドケス高等学校飛空科」 | HOME | 『バディ・コンプレックス』01.「出会い」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |