fc2ブログ

映画『テッド』

 衛星で放送された映画『テッド』を見る。
 テディベアのぬいぐるみが、奇跡により生きて動いて下ネタジョークを喋るようになる、コメディ映画。

 主人公とテッドを容赦なくダメダメに描いているのは、悲惨ながら可笑しい。
 ジョークも一部には笑わせられ、映画『フラッシュ・ゴードン(駄作だけど嫌いじゃない)』にちなんだスペシャルゲストでビックリ。
 全体にそこそこ楽しんだ、が……コメディだからこれで良いのかなあ、ダメ二人組が成長して大人になる訳ではなく、そのまま受け入れてもらえるようになりました、とするラストにちょっと引っ掛かる。
 後半は『トイ・ストーリー』的ストーリーによる盛り上げ。
ここが思いの外、素直な作りで、ヒネりも皮肉も弱く「よくある内容」だったのが残念。
 意表を突く展開にせず、観客の予想にも期待にも応える「王道話」だからこそ、大ヒットしたのかも。

 芸人・有吉の吹き替え、上手くはないけど役柄に合っており、悪くない。
 同じく奇跡で命を持った雌熊ぬいぐるみにテッドが恋するとか、ヒットを受けた続編はもう企画、進められてるんだろうな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク