オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』

 レンタルで映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を見る。
 松本零士原作の漫画を、フルCGで映画化したもの。
 監督は『APPLESEED』の荒牧伸志、脚本が『機動戦士ガンダムUC』福井晴敏。

 冒頭の長~い設定説明ナレーション、気むずかしい・自由さ皆無のアルカディア号乗船条件…辺りでもう、映画内容から気持ちが離れてしまう。
 結局、この映画を見終わってどう感じて欲しいのか、「すっきりしたエンターテインメント」ではないし「考えさせられるストーリー」でもなく。
ハーロックについても「格好良い漢」じゃなく、「弱い人間」でもなく、「原作への忠実さ」とかガン無視だけど「新たな魅力」を生み出せている訳でもないから、困惑。
 作中で一番悪い奴、というかダメな人はハーロックだったように思え、何をしようと「お前のせいだろうが!」「お前が言うな!」で感情移入出来ない。
どうして、愚かな上層部に対し一人反抗する信念の男ハーロック、といった分かりやすい図式にしなかったかなあ?(いや一応はそういうことなのか、間の抜けた行動してるだけで)

 主人公・ヤマに惹かれる部分が無く、いかにも企んでいるっぽい兄も大したこと考えてないし、駆け足で描かれた恋愛を対立の原因にされても困ってしまう。
 兄弟対決をヒキョーなやり方で解決してしまうハーロックに唖然…松本世界では絶対有り得ないことだと思うのに。

 CG画面には気合いが入っており、見応えアリ。
 原作やTVアニメでいつもプラモを作っていたチビの副長がマッチョな大男になっており、敵兵士を薙ぎ倒す大活躍。
口癖の「ワイは今忙しいねん」が口だけでなくホントに忙しそうで可笑しい。
 女性キャラも美しく描けてはいたかな…ミーメとか原作から設定を変えて、魅力を失わせていたけれど。
 『ハーロック』を構成する大きな要素だろう「友」、一応はメインコンピューターになっていたようだが、とにかく影が薄く、物足りない。
アルカディア号を友の魂の船でなく、よく分からないダークマターテクノロジーの船にしてしまったことで、強さや活躍に感情を乗せられず、一個のキャラクターとして弱くしてしまったような。
 TVシリーズや『999』劇場版でのハーロック・アルカディア号の勇姿が恋しくなるばかり。
スポンサーサイト

映画 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<映画『永遠の0』 | HOME | 映画『テッド』>>

この記事のコメント

映画館でトレイラーを見た時点で「あ、これはアカンやつや」って思いました。
勿論、見ていませんっ(大威張り)w
松本センセが良くこれで許可したなぁって当時は訝しく感じましたね。
2014-03-11 Tue 21:50 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。