オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『永遠の0』

 今頃、映画『永遠の0』を見る。
 百田尚樹原作、山崎貴監督作品。

 原作未読で、物議を醸す原作者の発言から、そういう方向の作品を予想したが…
戦争の理不尽さ、恐ろしさがしっかり描かれており、「反戦」テーマの映画だと言って良いと思う、少なくともこの映画版は。
 零戦パイロットについて、知らなかったこと(長い航続可能距離が乗員には大きな負担だとか)も語られ、興味深く見た。
 他の零戦より戦果は上げているぐらいなのだろう、とはいえ、積極的でない主人公の戦いぶりが軍内で許されるモノなのか、とか疑問はあるけれど。
まあ、フィクションだし。
そのツケ?は非常に重い形で自ら払っており、作品としてはカッチリできあがっていると思う。

 それでも「戦争物」という括りで見ていたが、特に最後の方、伏線が次々回収され「なるほど」と思わされるエンターテイメント的展開を迎えるのに驚く。
他の人から話を聞くにつれて次第に祖父の人生が明らかになっていく、この物語構造を上手く活かした意表の突き方に、感心。
 CGも頑張っており、迫力がある。
 いや、面白かったなあ。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『いなり、こんこん、恋いろは。』最終10話.「いなり、こんこん、恋いろは。」 | HOME | 映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |