fc2ブログ

『電脳コイル』25.「金沢市はざま交差点」

 最終回を目前に、色々なことがドッと起こり始め、めまぐるしい。
 4423が何かとか、実はイサコ兄ではなくイサコ自身のことでとか、正直その辺りには余り興味を感じていないので、大きく盛り上がっているらしいが、乗り切れず。

 それよりか…ヤサコとイサコの繋がりが深くなるのと反対に出番が少なくなっていくフミエや大黒黒客が気になり、以前もチラッと語られていた、ヤサコが心の弱さにより虐める形になっていた(自分が虐められていた、と記憶を改竄する弱さが凄い!)女の子が軽い扱いに終わってしまいそうな事の方が、気になる。
 ダイチが格好良いところを見せていたから、停滞していたフミエとの仲は進展するのかな。
 ヤサコと旧友の関係については、非常に深いモノになりそうなので数話かけて しっかり描くか、「ヤサコは見たまんまの良い子ですよ」としてダークな部分に触れない方が良かったかと。
ヤサコにとって、現実の出来事より、電脳ペットの方が遙かに「本物」ではなかったか、等々、作品の根幹に関わるエピソードだったんじゃないかなあ。
 次回、上手いフォローが入るのかも知れないが。

 前回の「眼鏡を使えなくした子供に相対するヤサコ母の態度」は、親として実に正しいと思えたり、飛行形態に変形しヤサコを守って敵もろとも自滅までしてみせるサッチーにはホロリ(サッチーの自意識ではなく外部操縦による?)。
 面白いところは多々ありつつ、どうも詰め込みすぎで、消化不良を感じてしまう。
キャラも設定もイベントも、全部 価値あるモノだし制作者の思い入れが強いのも分かるけど、思い切って整理し、一つ一つをもっと大事に、分かり易く描いた方が良かったような…
 いや、最終回まで見てから。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク