オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『Wake Up, Girls!』最終12話.「この一瞬に悔いなし」

 佳乃が足首を痛めてしまったピンチを、I-1クラブの志保が連れてきた医療スタッフのテーピングで抑え、足に負担をかける振り付けを他の者が替わったり変更したりで乗り切ろうとする、この流れは妥当。
 しかし肝心のステージが…佳乃は無自覚にピョンピョン跳びはねているし、突然宣言して(呟きがマイクに入らないの?歌は口パク?)から大きく飛び、倒れかかる佳乃を支える動きも不自然さがバレてしかるべきもの。
 ここで見せたのは「この歌のための通常振り付け」じゃないかなあ?
「佳乃を庇い、それでも何とか見せられるものにしようと構成した今回だけしか見られない急場振り付け」ではないように思える。

 彼女たちに敵意さえ持っていた会場が、歌う間に応援する空気へと変わっていく…これも王道展開で結構だけど、最終回まで来てやはり作画が危うく、客席をも巻き込んでしまうステージの迫力をまるで感じられないため、段取り通り・脚本の都合としか感じられない。
 それでも盛り上がった様子なのだから「優勝」させれば良かったのに、何を歌ったのかも分からない他グループが持って行くため、更に段取り感が強くなってしまう。

 作中でチョイ、チョイと触れられる震災の傷跡。
作品として本気で取り組んでいる様子ではなく、これぐらいならむしろこの要素を無くしてしまった方がスッキリしたような…
 まあ、これは現地東北や関係する人々が僅かでも喜べる描き方になっていれば良い訳で、部外者がどうこう言えないか。

 全体に。
後発アイドル物としては弱かったように感じる。
 「社長が金持って逃げたため活動不可能に」なんて、構成上ほとんど意味が無く、納得出来るアイドル活動を描くのに使うべき時間を圧迫するばかりだった。
 劇場版(未見)を鑑賞してからでなくては入り辛い、疎外感すらあるシリーズ開幕部分も大きく痛い。
メンバーの見分けが付くようになったのは、ようやく中盤過ぎぐらいから。
それでも魅力があると言えるキャラクターは少なく、「うんめぇにゃー」で大食いの子以外は印象にすら薄い。
 リアルにする、というのと、キャラ付けを薄くする、というのは全然別のような。
現実のAKBやモー娘。などアイドルユニットでは、各自が自分のキャラ付けを際立たせようと必死になっている訳で、そういう所を参考にした方が良かったのでは。
 第二期…かなり厳しいんじゃなかろうか。
もし有り得るなら、今度は時間に余裕を取り、作画のクオリティーだけでも維持して欲しい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『サムライフラメンコ』最終22話.「サムライフラメンコ・ネイキッド!!」 | HOME | 『中二病でも恋がしたい!戀』最終12話.「黄昏の…上級契約(ハイヤーエンゲージ)」>>

この記事のコメント

見るの面倒になってて、やっと片付けたんだがまさか9.11まで引っ張り出すとは恐れ入った。
そんなに人の不幸を踏み台にしないとアニメが作れないのか?
それも何だ、あの安っぽいセリフは。
テーピングで数時間持たせるとかも、最早ギャグとしか言えない。
ライブ会場のI-1のファン連中の手の平返しも笑うしかなかった。
ファンにとっては裏切り者と言えるまゆCをどうしたら許せるんだろうか(辞めた理由からして絶対に許せないだろうに)w
監督と製作スタッフが違っていたらもっと人気が出たろうに勿体ない事した。
2014-04-11 Fri 21:29 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。