オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』01.「悪霊にとりつかれた男」

 原作既読、第一部二部のアニメも既視聴。
 OVAシリーズでも第三部は見ており、そちらに比べると作画に少々物足りなさを感じたり…とはいえ、原作を大事にした演出と作画のクオリティーは健在、視聴を続けることに何ら問題ない。

 画面効果のみに頼りがちで、どうしても抽象的な超能力表現を、スタンドとして具体化・生物化し、相手をゲンコツでブン殴ることで決着を付けさえする体感的わかりやすさを実現。
これは、ホントに天才的発想だったなあ。
 「うおお~っ!」と叫ぶことで一気にパワーを上げ、絶望的状況から逆転する…何でもアリの超能力バトルではアリガチだったこの楽な方法をほとんど採ら ず、相手の虚を突いたりスタンド能力の意外な使い方によって勝利を得る、泣きたくなるほど大変な構成を延々続けているのも驚異的。
 いや、自分より年上のはずなのに全然若く見える荒木先生の外見こそ一番のオドロキか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『selector infected WIXOSS』01.「この奇跡は兢々」 | HOME | 『僕らはみんな河合荘』01.「たとえば」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |