オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『シドニアの騎士』01.「初陣」

 原作漫画未読。
 メカはともかく、キャラクターのCG表現がイマイチ。
一昔前の技術と演出力みたい。
 そのため、画面への集中力を欠いてしまう。
 独特の世界観に基づくSFで、面白くなりそうに思いつつ…機会があれば原作を読むことにしたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<『メカクシティアクターズ』01.「人造エネミー」 | HOME | 『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』01.「勘当されて島流し」>>

この記事のコメント

自分も3DCGはまだ時期尚早だと思いますが、シドニアのキャラデザ自体はかなり原作通りらしいです。
ストーリーも色々伝え聞く分には、それ程原作を逸脱していないとか(カットはあるでしょうが)。
2014-04-15 Tue 20:58 | URL | u12 #-[ 編集]
2話目。
尿道カテーテルとかwww
あんな気持ちよさげなモンじゃなくハンパなく痛いって聞いたがw
キャラが可愛く無い分、ストーリーには没頭出来る。
シドニアにいる人間だけが地球の生き残りなのか?
ガウナが捕食したシーンでトータルイクリプスを思い出させられる。
そもそもガウナが1000年も前から人類をしつこく狙う理由はなんなのだろうか?
捕食した人間に造形が変形して行く事に意味は無いと言われてたが、本当にそうなんだろうか。
主人公の長道の驚異的な治癒能力はどう言う事だろう。
2話はどちらかと言うと、説明回だったが飽きる事なく上手く出来ていたと思う。
2014-04-18 Fri 21:36 | URL | u12 #-[ 編集]
3話目
幾らシュミレーターやら対ロボット戦が強くても・・・
100年も経ってしまうと仕方の無い事か。
まるで「災害は忘れた頃にやって来る。」を体現したかの様に感じた。
2014-04-26 Sat 21:54 | URL | u12 #-[ 編集]
4話。
王道。
だが良かった。
しかしガウナは何を推進力にしてるんだろうか。
2014-05-05 Mon 22:32 | URL | u12 #-[ 編集]
5話。
うーん、パイロットが光合成が出来ないんだから、それに合わせてちゃんと備品は用意すべきな様な。
水の入手が高度なプレイだたw
カビサシがどの様に入手されたか明かされた。
3DCGには慣れた。
2014-05-11 Sun 21:11 | URL | u12 #-[ 編集]
6話。
いちゃいちゃ回。
だがしかし・・・

2014-05-17 Sat 21:13 | URL | u12 #-[ 編集]
7話
案の定過ぎた結果だった。
しかし、上層部はこの事に対して調査しないのだろうか?
秘匿回線でもあるまいし、通信内容は全て録音されてる様な。
2014-05-24 Sat 21:43 | URL | u12 #-[ 編集]
8話。
え!?
えーっ?
どーなるんだ、これ。
2014-05-31 Sat 21:59 | URL | u12 #-[ 編集]
9話
ガウナの進化レベルがヤバい。
2014-06-07 Sat 21:35 | URL | u12 #-[ 編集]
最後まで面白く見れた。
無重力化なのに、まるで地球上での戦闘を思い起こさせる演出はちょっとやり過ぎかもしれなかったけど、アクション的には良かった。
リアルを追及するのでは無く、リアリティの追及と考えれば問題無い範疇。
最初の頃こそ、3DCGに硬さが感じられたが回を追う毎にキャラの動きはスムーズになったと思う。
来年の冬期の頃に2期が放映されるだろうが、原作組からすると真のヒロインが登場するとの事。
それまでは新アングル版を見ながら楽しみに待つとしよう。
2014-07-30 Wed 21:01 | URL | u12 #-[ 編集]
そんなに褒められる作品も珍しい…ような気がしますね。
3DCGに違和感があり一話で視聴終了してしまいましたが、見とけば良かったです。
機会があればチェックしたいと。
2014-08-06 Wed 10:45 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
シドニアの騎士 第九惑星戦役
3話視聴。
1期は本当に楽しく見れたが・・・
なんと言うか、どっかで見た様な展開に。
多分殆どの人は満足していて、これは自分の期待値が高過ぎたが故の不満であろう。
作画に関しては初期の頃のぎこちなさは大夫薄れ、BGMの使い方も上手い。
最近はどこのスタジオもかなり3DCGに関してはレベルアップしていて、将来的には万年アニメーター不足から解消される?
2015-04-27 Mon 21:02 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |