オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『CLANNAD』09.「夢の最後まで」

 風子編、終章。
 本当は病院のベッドで寝たままなのだが、意識だけが抜け出して学校に通い、ヒトデ型の彫刻を作っては学生に渡し、姉の結婚を祝ってくれるよう頼んでいた風子。
…触ることが出来たし、彼女自身 食事も出来たようなのに、「幻でした」とする設定には、無理がありすぎるぐらいだと思うけど…

 それを、おバカさんながら一途で可愛らしい風子のキャラクターと、どうしようもなく周囲の人々に忘れられていく悲劇、姉の結婚に向けて盛り上げる渾身の演出で感動的にすら見せてしまう、スタッフの力業に感心。
 結局、風子はこの後、相当に悲惨な運命を辿っていくのだろうが、仄かに希望を示す、優しく切ない終わり方も良い。

 ここ数話、一生懸命に風子を彫り込むことで、彼女はかなり魅力的なキャラクターとして見る人の印象に残せたと思う。
 その代わり、他のヒロイン達は渚以外ほとんど描かれておらず、次回以降、攻略対象を変えて物語を再スタートさせるのが、なかなかキツそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<『電脳コイル』最終26話.「ヤサコとイサコ」 | HOME | 『機動戦士ガンダム00』09.「大国の威信」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

品質評価 72 / 萌え評価 21 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 17 / お色気評価 19 / 総合評価 23レビュー数 331 件 風子を連れて朋也と渚は夜の学校へ忍び込む。 演劇部の部室で今までどおりなにげないことでふざけあいながら過ごす3人。 ふいに風子が朋?... …
| HOME |