オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『キャプテン・アース』04.「遊星歯車装置の強襲」

 詰め込みすぎて何が何だか…だった第一話以降は、小出しに設定が語られ、分かり易いドラマもあって問題なく見られる。
これが出来るなら、第一話の構成をスッキリさせ、視聴者の負担少なく見せることも出来たろうに。
 あんまりストレートな話にしてしまうと、今度は「他のアニメに似ている」と捉えられる可能性もあったか。

 地球側組織。
組織ごとの力関係があって、面白くも、ちょっと分かり辛いかな。
 根性の悪い監察官とその後ろ盾により、酷い目に遭わされる子供たち…というのはハードな内容を目指すなら良いけれど、司令官の一存で頭に装着した器具を外してしまったり、みんな仲良く同居生活させてみたり、どういう方向にしたいのか疑問に感じたりも。
いや、まあ、パターンにはめるのが見やすくする方法ではあるが。

 易々と地球潜入・基地機能掌握まで行うアマラとモコ。
こんなことが出来るなら、武力攻撃に拘らずとも地球にダメージを与えることが出来そう…ハッキング能力は高くとも地球に対抗できる人間が居ない訳ではないし、行使できる攻撃力も小さく簡単に制圧されてしまうため、やっぱり巨大ロボ(本来の自分達)が必要なのか。
彼らの最終目的がまだ明かされてないから、判断不可。
 そういえば、ランドセルの少女は、あれ以降出ていないような…
 この作品は、大人たちにより蒔かれた憎しみの種からでも、子供たちは希望の花を咲かせることが出来る、といったテーマの作品になるのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『テンカイナイト』04.「合体!ファイヤーバード」 | HOME | 『ご注文はうさぎですか?』03.「初めて酔った日の事憶えてる?自分の家でキャンプファイヤーしようとしたわよね」>>

この記事のコメント

>>彼らの最終目的がまだ明かされてないから、判断不可。

えーっと、多分人類を食糧にするのが目的かと・・・
ここら辺は微妙に去年やってた、マジェスティックプリンスと被る(最もあっちは優秀な遺伝子だったが)。
アマラがテッペイは裏切れないと言い切ったが、キルトガングの感覚は相当な快楽を伴う?
しかし、ライブラスターがある意味一番強力な武器な様なw
たった一発で敵ロボットの片腕を破壊してしまう程の威力。
地球人であるダイチがなぜ敵の言うネオテニーになったのか、そこいら辺は語られるのであろうか。
2014-04-29 Tue 21:21 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |