オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『白銀の意思 アルジェヴォルン』01.「遭遇」

 アニメオリジナル企画。
シリーズ構成は佐藤竜雄なのか。
 冒頭、世界状況をナレーションで語ったり、誰が主人公なのか・今どちらの勢力を描いているのかさえ分からない辺りで、もう視聴意欲が萎えかける。

 これは今回限り…と思った所に登場する巨大トレーラー。
まあ、大方の予想通り超強力なロボットを輸送しており、襲撃される危機的状況の中、イキナリ主人公が乗り込んで戦い(これに乗り込んで戦うからには彼は主人公なんだ、と思わせる)、敵を撃破、という普通に『ガンダム』な展開。
類似は多いけれど、『ガンダム』『エヴァンゲリオン』は既にロボットアニメのスタンダードになっているため、気にしない。
 お陰で良くも悪くも一気にストーリーは分かり易くなり、視聴が楽になった。

 3DCGで描かれたロボットの挙動は、まずまず。
 無能な軍上層部との軋轢に苦しめられる美形上官、そこそこ男前の主人公部隊指揮官、敵軍キャラも含め、戦争群像劇になっていくのかな。
 最近の佐藤竜雄作品がどうも肌に合わないせいもあり、ちょっと不安だが、しばらく見続けよう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『東京喰種トーキョーグール』01.「悲劇」 | HOME | 『グラスリップ』01.「花火」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |