オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『戦国BASARA Judge End』01.「決別」

 原作ゲームは、二本ぐらいプレイして結構楽しかったような覚え。
これまでのアニメシリーズも、全部は見ていないと思う。
 この作品世界での積み重ねを理解出来ていないため、面白さを十分に受け取れているとは言いがたい状態での鑑賞。
 しかし、大きくフィクションに振りながら、ある程度は史実に基づいている構成のため、サッパリ分からないということはなく、それなりに見られた。

 相変わらず派手で、マジメにやっていながらも馬鹿馬鹿しい内容。
 史実と違う所が気になってしまうけど、そういえば本多忠勝がジャイアントロボみたいな扱いの作品だっけ、ということを思い出す。
 今期は関ヶ原をクライマックスとして構成されるのかな。
これ以降、史実上派手な事件に欠けているため、アニメシリーズはこれで最後?
まあ、蘇った信長や秀吉と家康軍が衝突する超時空関ヶ原を新たに設定する手もあろうし、この作品なら何とでも出来るか。
 見られる時は見るぐらいの気楽な鑑賞姿勢で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ばらかもん』01.「ばらかこどん」 | HOME | 『少年ハリウッド』01.「僕たちの自意識」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |