fc2ブログ

『機動戦士ガンダム00』10.「ガンダム鹵獲作戦」

 ガンダム各機の能力の高さは、セルゲイも知っていただろうに、完全な武装解除とかパイロットの戦闘不能(死亡)を確認せず、内部が無防備な輸送機にキュリオスを仕舞い込むのは迂闊。
コックピットを潰すとか、外装から電流を流し続けてパイロットの意識を奪う措置が必要だったかと。
 すぐにガンダムの分析が出来、ハッチを開けられるはずだったのだろうが…
しかし、「死んだふり」をして油断させ、船を破壊し、逆襲を掛ける作戦だってあり得る訳で。
 すぐ捕まってしまうアレルヤも情けないが、彼を評して語るティエリアの「万死に値する!」に笑わされてしまったから、いいや。
面白いので、これを彼の口癖に設定してはどうか。

 対ヴァーチェ作戦の、大出力火器が発射に到るまでのタイムラグを計算した回避行動は、合理的で嬉しい。
 至近距離から連続攻撃を加えるソーマ、パワーの差を機体数でカバーしようという拘束作戦、関節を固着し、搭載砲の動きさえ押さえ込もうという徹底ぶりは、老練な軍人が指揮する部隊の有能さを感じさせてくれる。
…輸送艦に仕舞い込む前に、キュリオスの関節も、粘着物質で固めておけば良かったんじゃ…

 キャスト・オフするヴァーチェ。
 長い髪の女性っぽいガンダムになる所からして、パイロットであるティエリアの実体も女性?
「あ、あんたなんか、まだまだガンダムマイスターとは認めてあげないんだからねっ!」というようなツンデレキャラ化してくれると、野郎のファンが増えるかも。
 担当声優が男性のような気はするけど、まあ人間誰しも欠点はあるもので(笑)。

 再度、凶悪な性格が表面化するアレルヤ。
ソーマを いたぶったりしているから、敵の殲滅に失敗してしまう。
 おまけに、一パイロット相手にベラベラと自分のことを喋ってしまうし。
敵パイロットの機体にブラックボックスが搭載されており、最後の会話を録音したそれが後に回収されたなら、マズい事にもなりそうだけど…まあ、もう「極秘で完璧なガンダムチーム」という前提は崩れている訳で、今更か。

 命を賭けてセルゲイらの脱出を助ける人革連のパイロットが、格好良い。
キュリオスと共に自爆していれば男前のままで散れたろうに、迫る死を前に恐怖で取り乱す様を見せては台無し…なんだけど、その格好悪さが人間として「リアル」。
 非道なアレルヤに怒りを燃やすセルゲイ。
うーん、こちらの方が主人公っぽいなあ。
 次回、アレルヤの抱える事情が描かれることで、感情移入のバランスを変えてくれるのだろうか。

 全てが上手く行かない、グズグズの戦いだったが、意図して描かれたその戦いの面白さがきちんと演出されており、見入ってしまう。
 チーム(軍隊)として連携が取れている人革連軍に比べ、バラバラなままのソレスタルビーイング・ガンダムチーム。
もうちょっと相互理解が必要じゃなかろうか。
 「弱点をカバーし合わなければ勝てない」事が身に染みて分かったはずのこの戦いを、その切っ掛けにするのかな?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク