fc2ブログ

『機動戦士ガンダム00』11.「アレルヤ」

 作戦の失敗はともかく、自身のガンダムが秘密の形態を明らかにしてしまった事まで、スメラギの責任として糾弾するティエリアが可笑しい。
 戦術の失敗を、一兵士レベル(元々四機だけで構成されたチームとはいえ)で挽回しよう、というのは無理だけど、その場での戦い方は兵士に任されている訳で、そこを責められても。
 「静かに自責の念に堪え、次回作戦への反省材料とする」のではなく(そればかりではなく?)、「八つ当たりでもしないと心のバランスを保てない」辺り、ティエリアもまたガンダムマイスターとしては、未熟。
 チームのメンバーに理想のガンダムマイスターへと成長してもらうため、であっても、個人的な色合いも濃い作戦に同行し、アレルヤへの配慮を見せるなど、やっぱりツンデレキャラとしての面白味があるなあティエリア。

 超人育成施設の破壊作戦。
 「仲間」に近づくことで、アレルヤが苦痛を受け正常な判断力を失う…というのをスメラギは把握していたのかどうか。
前回はそれが原因で捕獲までされたのだから、今回、単身潜入させるのは危険すぎかと。
 機関のビルを目前にして交わされるアレルヤとハレルヤの「狂」を感じさせる会話は、圧巻。
アレルヤが心の傷を乗り越え、強い意志をもって攻撃した…訳ではないのが不満だけど、それはまだ今後に成長の余地を残している、という事でもある。
 二重人格の解消を目標とせず、「能力」として同時発動を可能とし、単身ではとても操縦できない複雑な機構を持つガンダムが操縦できるようになる、とか。

 人革連。
鹵獲作戦を遂行するなら、今回のようにガンダム二機が地上で行動中、とハッキリしている隙を狙った方が効率よかったような。
 万が一、全機が地上で行動中だと、鹵獲不可能になってしまうから?
でも、現在 何機が地球に居るのか確認できないみたいだし、どのみち賭けに なってしまうはずだけど。

 腹黒そうな超人研究責任者に対し、隠し事への正確な推察を見せ、排除するセルゲイが格好良い。
 オジサンが要所を締めると、こういう戦いが主のアニメは、グッと面白く感じられるなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク