オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』最終12話.「【ろこどる】やってみた。」

 フェスティバルに出場する流川ガールズ。
優勝を目指し必死になるとか、ライバルと火花を散らすような派手展開にはならず、あくまで「ろこどる」らしく地味に、ほのぼの進んでくれて嬉しい。
 地元を大事にする彼女らの姿勢は、トップアイドルとなったかつての「ろこどる」にも届き、出自に合った・テーマに沿ったアイドルの有り様はどういうものだったか示していて、作りのブレなさが強く感じられる。
 ライブも盛り上がったのだし、優勝でも良かった気はするが…お祭りに間に合った、応援してくれた人々との繋がりを再確認できた、ということの方が、彼女らには価値があったんだろう。

 全体に、とても可愛らしい、気楽に見られるシリーズ。
 頑張る姿が魅力的な奈々子と、無駄に高スペックでありながら奈々子を偏愛する縁の、互いに助け・助けられる関係が良かったなあ。
 後に加わったゆい、みらいは、流川ガールズの「愛」を邪魔せず、しかし個性を主張するポジションには居続けさせていて、上手い。
 そういう少女たちに若干ストーカー的な?愛情を向けるマネージャー・沙織も面白いキャラ。
 ふわふわ~っとしたことを喋る予告、好きだった。
 二期があるなら、また気楽に見てみたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『残響のテロル』最終11話.「VON」 | HOME | 映画『ルパン三世』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |