オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『スペース☆ダンディ』最終26話.「ネバーエンディングダンディじゃんよ」

 作画の爆発というか暴発が多々あるアニメだったが、最終話は一昔前のロボット・SFアニメのクライマックスから頂いたようなシーンが連続し、ストライクな世代としては単純に喜んでしまう。
金田火炎龍も懐かしかったけど、全体に『イデオン』のイメージが多くて嬉しい。
 思いつき、行き当たりばったりで投げっぱなしだったこれまでのエピソードが、ダンディの特殊性に集約されて、何となく繋がって感じられるのが可笑しい。
 ダンディ救出のため、ハニーが同行するのはともかく、いつも冷静・冷徹なスカーレットまで、というのが普通なら変なんだけど、後に引くとは思わなかった…カレシ代役をダンディがこなすエピソードを経ているので、流れとして自然。
しかし、僅かに重ねたダンディ・スカーレットの関係も、宇宙ごとやり直してしまうラストでチャラ、なんだろうなー。

 「能力不足でつまらない作品になってしまった」のではなく、「全力で下らないアニメを作りたい!のが最初からの制作目標」だと思え、それは見事に達成出来ている。
作画も演出も音楽も凄く頑張ってまでその目標をクリアすることにどれだけの意味があったのか、そこいらはちょっと分からないんだけども(笑)。
 「二次元からの侵略」なんてネタを大真面目にやれるのは、このアニメぐらいなものだろうな。
SFとナンセンスを強く感じられる、すげーエピソードだった。
 下らなさすぎて付いていけないネタも多く、正直、途中で集中力が途切れることもあったが、次回は何をやってくれるのか…期待と不安がこれだけ大きかったシリーズも珍しい。
 このアニメを新作劇場版にしたなら、その内容が「傑作」「上映時間が長く感じられすぎて耐えられない」どちらなのか非常に危険な賭けとなり、恐ろしくてなかなか映画館まで足を運べない予感。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ばらかもん』最終12話.「かえってきてうりしか」 | HOME | 『残響のテロル』最終11話.「VON」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |