オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『デンキ街の本屋さん』01.「ラブ&エロス フォー オール」「ナイトメア ビフォア カルナバル」

 原作漫画未読。
 本屋さんというか「うまのほね」…「とらのあな」?
通常の書店エピソードでは余り取り扱われないだろう、少なくとも第一話では触れるはずない「エロ漫画」「都のチェック職員」などガンガンに登場し、関連する商売の人間としては有り難いやら気恥ずかしいやら。
 先生による漫画の作成工程が、手描きアナログのみではなく、完全デジタル移行でもない、ペンまでアナログ・仕上げはPCというのが、現在のネタとしてリアル。

 前半なんか、問題提起すら出来そうな内容だったけど、そこまでは踏み込まず、ライトに終わった。
そういうテイストの作品なんだろう、深刻になる必要も無く、それで良い。
 ギャグが個人的にハマらなかったのは残念。
もうちょっとテンポアップするだけでも笑えたりできたんじゃないかと思うが。
 見られる時は見る、ぐらいの気楽な鑑賞姿勢で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ガンダム Gのレコンギスタ』01.「謎のモビルスーツ」「G-セルフ起動!」 | HOME | 『ヤマノススメ セカンドシーズン』最終12話.「Dear My Friend」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |