オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『トリニティセブン』01.「魔王候補と第三の選択」

 原作漫画未読。
 幼馴染みの従姉妹に朝、起こされる主人公。
日常描写と、さりげなく?挿入される異常事態。
そこから、従姉妹…と信じていた相手の正体への疑問が生まれる辺りまでは、面白かった。
 しかし、「従姉妹に見えていたのは魔道書?」「実は既に街は滅んでおり、本物の従姉妹はその魔道書を渡してから消失している」「乱入してきた魔道師少女が無茶な二択を突きつける」ここまででも相当に急転直下だが、「イキナリ魔道学園へ転入する主人公」「拍子抜けする呑気な学園内の雰囲気」「分かり易い主人公への目標提示」「とってつけたような風呂場でのサービスシーン(ほとんど何も見えないが)で従姉妹に似たキャラを紹介」と、一話としては詰め込みすぎも良い所で、面白がる余裕もなくポカーン。

 超然とした主人公、ということなのかなあ、とても処理し切れそうにない異変が次々起こっているというのに、彼がさして驚く様子もないため、視聴者としてどう事態を受け取れば良いのか困惑。
 一つ一つの出来事は、漫画的世界観からするとそんなに斬新ではないため、飽きさせないようスピードで勝負した?
 この後、作品世界やキャラクターをどんな事件が見舞おうと、もう驚けない気分。
 第一話から作画がピシッとしないのは残念。
 余裕があれば三話ぐらいまでは見たいところだけど……
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『大図書館の羊飼い』01.「図書部結成」 | HOME | 『甘城ブリリアントパーク』01.「お客が来ない!」02.「時間がない!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |