オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION』『宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION』

 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』でのギャバン復活が素晴らしく格好良く、宇宙刑事シリーズの復活か、と思わせながら、続く『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』ではグダグダな盛り上がらないストーリーにガッカリさせられ、一条寺烈を最悪のキャラ付けで出した『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』(制作者はオリジナル『ギャバン』を見た事がないか大嫌いなのだとしか考えられない)に絶望、もう宇宙刑事は作らない方が良いか も、と思っていたが…
 この二作は、素晴らしい!
見たかった、現代風、少し大人向けの宇宙刑事が実現できている。

『シャリバン NEXT GENERATION』
 二代目シャリバン・日向 快は、余りにも初代とイメージが違う役者さんのせいもあり、これまで感心しなかったが、この作品でヒーロー然とさせない見たままのキャラクターから、その殻を破り、伊賀 電に認められる存在となるまでを描き、上手く次世代襲名を披露してくれた。
 物語は…ゲストキャラが出てきた瞬間に「こう思わせて、実はこう」というのが誰にでもバレてしまう、よくあるパターンではあるけれど、特に「宇宙刑事」で奇をてらいすぎても意味が無く、正しい判断。
骨格は『ギャバン』映画と似ていつつ、描きたいことがしっかりしているせいか、説明不足も気にならない。
短い時間で、アクションを多めに詰め込んでいるのも良かった。
 やたら血が出るのは、テレビ放送じゃないからこそ出来ること、とはいえ、「子供にも見せたい格好いい宇宙刑事」を見せ辛くしてしまう意味でちょっとマイナス。
大人向け、を履き違えてベッドシーンを入れたがるバカ制作者よりは、ずっとマシだけれど。

『シャイダー NEXT GENERATION』
 こちらも初代・沢村 大の生真面目で硬いイメージからは真逆の、力強く女にだらしない砕けた二代目。
 認めてもらうべき初代を演じていた円谷 浩が既に故人なのは残念。
烏丸 舟を新世代の中で最も年上の岩永 洋昭にキャスティングすることで、継承に拘らなければならない未熟さと無縁にしたのは、計算かたまたまか。
 エンディングの歌詞である「面白いことが大好きで、悪いことは許せない」は、初代よりこの二代目の方にふさわしい言葉。
 シャイダーのパートナー・タミー。
アクションを見事にこなしており、初代アニーに引けを取らない存在感…しかし体の動きを犠牲にしてでも、もっと美人の方が良かったかな……いや、悪くない顔立ちなんだけど個人的好みとして。
外見が十分すぎでないと、「少々残念な容姿のラムに追いかけられる、あたる」のように「可哀想」にもなりかねないので。
 物語は、パターン通りの所もあったが、ラスト辺りの手際よい片付け方には感心。
キレイに解決しすぎていて、更に続編を作る引きが弱くなってしまいそうに思うほど。

 両作とも、画面作りや音楽の使い方、小ネタまで、原作シリーズへのリスペクトが感じられ、見ていて気持ち良い。
脇で捜査をしているギャバンが、主役を張った『ギャバン THE MOVIE』よりもずっと輝いている。
 オールドファンも、新規視聴者も、見て損のない力が入った作品。
 このスタッフでなら、シリーズを続けて欲しいもの。
Vシネマでも良いし、予算的には厳しくなるだろうが…深夜枠テレビシリーズでも。
 納得のいくストーリーで、初代シャリバンの引退劇を見たいなあ。
画面登場の最後があんまりだったギャバンへのフォローもお願い!

 余談、メイキングオブで見られた監督の体術が凄い。
あの早さで打撃を喰らわされたら、「何が起きたか分からないうち、地面に倒されている」感じになるんだろうな。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<単行本「母子相・談」 | HOME | 『甘城ブリリアントパーク』07.「プールが危ない!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |