オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『結城友奈は勇者である』08.「神の祝福」

 何かを目指してひたすら迫ってくる異形の敵のコアを破壊する戦いから『エヴァンゲリオン』、グループで少女が変身する所は『プリキュア』、といった類似性が見て取れたこのアニメ。
集団で登場した敵に対し、割と都合の良いパワーアップフォームで挑み、全員が無事に戦い終える…なんてのもまあ『プリキュア』後半辺りにアリガチな流れ。
 片目が見えない・声が出ない・味が分からないといった戦闘後遺症も当初はコミカルなぐらいに扱われ、いずれ回復するんだろうと気軽に見ていたけど……

 生涯、失われたまま戻らない?
重い、重いなあ。
 フィクションで「死」は一瞬。
残された者のリアクションにも寄るが、そんなに悲惨ではない。
 しかし肉体機能の欠損は…少女らが生きている限り(死にはしない、と言ってた)抱え続ける苦しみであり、明るい日常生活に生じた黒いシミのよう。
その痛みが視聴者にも想像しやすく、キツい。
 戦いで少女が死亡する、魔女へと転落してしまう『まどか☆マギカ』との類似も感じていたけど、この作品のもまた辛すぎる代償。
 体機能の多くを失いベッドに居る以外ほとんど何も出来なくなってしまった先輩勇者の姿は、ただただ惨い。

 少女らは勇者であり、自らを守ってもらうべく神樹が力を分け与えた存在、だと思っていたら、実は「供物」、神の力を借りるたび体の一部を差し出す(奪い取られる)生け贄だ、というのが衝撃的。
 勇者候補を多く用意し、満開ごとに次々交代させて戦わせれば、園子ほど酷い目には遭わせず済みそうなのに…だけど、勇者の選定は神樹に寄る所が大きく、大赦の自由にならないのか。
「供物」を捧げる回数が増えるほど、失う体機能が酷くなるほど、より強い神の力を借りられるようになる?
 バーテックスより神樹の方がワルモノに感じられてしまう。

 一人だけ満開せず無事な夏凜、12体と戦い終わったはずなのに現れるバーテックス、園子と美森(両足は過去、既に供物になった?)の関係など、まだ伏せられてる真相が色々ありそうだなあ。
 面白い。
 ところで、言葉を失った樹役の声優さんは、ホントに仕事させてもらってないのね。
普通こういうのは、溜息とか、「ん……」ぐらいの意味を成さない声の出演なら許すものなのに、徹底してる。
最終回までに声は戻るんだろうか、アニメ内容とは別に声優さんが可哀想で、気になる。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』最終10話.「機杖(ガンド)担う少女」 | HOME | 単行本「母子相・談」>>

この記事のコメント

園子と美森の関係については、前日談である「鷲尾須美は勇者である」を調べて見たら分かります。ニコニコ大百科が詳しいですが、本編でも明かされるかも知れないので、判断は任せます
2014-11-30 Sun 17:26 | URL | 名無し #-[ 編集]
もう、ゴールしても良いんじゃないかな。
10話まで視聴。
想像の斜め上な展開。

いや、OPでの最後辺りで太陽(だと思い込んでた)がアップで描写されてたから「?」とは思ってはいたのだが・・・
まさかあれが現在の地球(宇宙)だとは。
文字通り地球(四国)は宇宙の中心となってしまってたのね。
バーテックスは神樹サイドとは違う神の遣いなのか(エヴァの使途と近似?いや違うか)。
この展開は懐かしの「メガゾーン23」を思い出させられる。
まぁ、最も似てるのは“閉鎖された平和な日常”と言う部分だけではあるが。

自暴自棄になる東郷。
自分だけならまだ我慢出来たが、友奈を含め勇者部みんなを巻き込んだ神樹が許せずに反抗に出る。
もしもあの場に友奈が一緒にいたら別の選択肢を選んだのだろうか。
1話で風が勇者部の本当の意味を隠してた事に深く静かに激情したが、友奈のフォローにより事なきを得ていた。
今回も一緒だったら・・・

既に大赦外から勇者適合者を選ばなければならない程に、大赦には勇者に慣れる人間がいないと言う事なのだろうか(夏凜が遅れて来たのも、何とか神樹様に勇者として認められたから?)。
このアニメは勇者たちの両親が一切出て来ないから、実際に勇者として戦ってる自分の娘の事をどう思ってるかが全然解らないが、そのせいで却ってより一層彼女たちの置かれてる立場がシビアになっている。

管理人さん、どうします?
自分の娘が神樹様に見初められて勇者に選ばれたら・・・
2014-12-15 Mon 21:55 | URL | u12 #-[ 編集]
> 園子と美森の関係については、前日談である「鷲尾須美は勇者である」を調べて見たら分かります。

 なるほど、外伝(世界観の一翼を担う作品)で、既に語られている訳ですね。

> 本編でも明かされるかも知れないので、判断は任せます

 なるべく外部に頼らず、そのアニメから与えられる情報だけで見ることにしていますので…いや本当は面倒臭がりだからですけど、取りあえず本編だけを最後まで鑑賞してから考えたいと思います。
見終わって不足を感じるようであれば、前日談にも手を出したいと。
 情報、ありがとうございました。
2014-12-21 Sun 11:08 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> まさかあれが現在の地球(宇宙)だとは。

 いやいや、恐ろしい世界観でしたね。
 この設定を、シリーズ開幕時にダラダラ語るのではなく、今、ようやく明かす、説明の順番も上手いです。

> 文字通り地球(四国)は宇宙の中心となってしまってたのね。

 四国出身なので、何だか色々フクザツな気持ち(笑)。

> 管理人さん、どうします?
> 自分の娘が神樹様に見初められて勇者に選ばれたら・・・

 容易に代替が効かないと納得出来た上、戦わなければ娘を含む全員が死ぬことも分かっていたなら、娘に対する生涯にわたる十分な保証と、戦闘は最低回数に留める(回数が増えた場合、他の候補者がまだ不完全な勇者であろうとも交代してもらう)ということを確約する条件付きで、戦いに出さざるを得ないでしょうね。
当然ながら、娘自身に戦う意思がなければ、最初から話になりません。
 いやー、なんか真面目に考えちゃったじゃないですか(笑)
2014-12-21 Sun 12:01 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |