fc2ブログ

『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』最終10話.「機杖(ガンド)担う少女」

 最終戦は…消化不良という事もなく、ごく妥当に完結した物語ではあるが、食い足りない。
 チャイカが負った使命の真実、皇帝の企み、激闘と決着、全て駆け足で語られ、「話は分かった」というに留まる。
筋自体は悪くなかったため、余計に時間・描写の不足が惜しまれる。

 それでも、チャイカは可愛く、「愛」や「萌え」に傾かないトールとの関係も独特であり、異常性を抱えるアカリもそこが妹キャラとして魅力的だった。
他のチャイカ達、ジレット隊の面々、旅で出会った人々、皆個性的で印象深い…ジレットの生存と記憶の復活についても、もうちょっと葛藤が欲しかったかなあ、盛り上がりそうに思っていたので勿体なく感じる。
 作画は最後まで頑張っており、女の子達が可愛く描けていて嬉しい。
 続刊中らしい原作のため、こういう終わり方になってしまったのか、しかし続編が作り辛い(作れなくはないにせよ)エンディングであり、とにかく残念。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

>>異常性を抱えるアカリもそこが妹キャラとして魅力的だった

アカリは本妹ではないですよっと(知ってたらスンマセン)w

角川式の為に10話と言う尺では健闘したと言って良い。
しかしなぜ角川は10話で1クールなんて事をするんだろうか?
これじゃ作品の魅力が描けずに、ただ単にあらすじをなぞるだけになる危険性もあろうに・・・

Re: タイトルなし

> アカリは本妹ではないですよっと(知ってたらスンマセン)w

 実の妹じゃないのは知ってましたが、「名誉本妹」(笑)として良いぐらい妹キャラの魅力に溢れてましたよね。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク