オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アイドルマスター シンデレラガールズ』01.「Who is in the pumpkin carriage?」

 原作ゲーム未プレイ。
 以前にアニメ化されたシリーズも、面白く見ていたが何となく途中で視聴を終えており、新規シリーズに付いていけるかなあ…と不安に思いながらの鑑賞。
 ああ、世界観を一緒にしながら、また別の少女たちをヒロインに新しく語る作品なのね。
 元々のアーケードや家庭用機向けに作られたゲームと違い、スマホ等のアプリゲームを原作としている…らしい。

 アイドルを目指す少女たちの物語なのは当然ながら同じで、そのメンバーを集める所から第一話がスタートしており、入りやすい。
 えらく無口で無愛想なプロデューサーだなあ。
前作と大違い、これじゃ少女たちが警戒するのも無理ない、業務に支障を来すレベル。
 個性はあるもののまだ「普通」としか言えないヒロインたちは、可愛く、感情移入しやすい。
 作画も良好、シリーズの繋がりを感じさせる。
 無理なく見られる限りは見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『アルドノア・ゼロ』13.「眠れる月の少女」 | HOME | 『暗殺教室』01.「暗殺の時間」>>

この記事のコメント

>>えらく無口で無愛想なプロデューサーだなあ。
前作と大違い、これじゃ少女たちが警戒するのも無理ない、業務に支障を来すレベル。

これが原因で3回もやらかす・・
6話までの間にコミュニケーション不足で3回もアイドル達とトラブルって・・
下は小学生から上は大学生までの女の子相手にこのプロデューサーには荷が重すぎるのでは?
そもそも、社会人としての基礎中の基礎であるホウレンソウが出来て無いってのが大問題。
ましてや芸能界なんて言うコミュ能力があって当たり前の世界で、この体たらくはどうなの?
何よりプロデューサー本人が直そうと努力しないのが、イラつかせられる。
6話で部長が意味ありげな発言をしてたが、前の部署でも何かトラブルを起こしてる可能性大?
正直、このプロデューサーが何でこのプロジェクトに抜擢されたか疑問でしか無い。
このアニメってもしかしたら、アイドル達が成長する過程を描くのじゃなくて、プロデューサーの成長を描くのが目的なんじゃないかと疑いたくなる出来だ。

2015-02-14 Sat 21:08 | URL | u12 #-[ 編集]
> 6話までの間にコミュニケーション不足で3回もアイドル達とトラブルって・・

 録画してはあるんですけど、まだ最初の方だけしか見てないんですが……ああ、そんなことになってるんですか。

> このアニメってもしかしたら、アイドル達が成長する過程を描くのじゃなくて、プロデューサーの成長を描くのが目的なんじゃないかと疑いたくなる出来だ。

 『未来少年コナン』について、「コナンら子供キャラは最初から最後までほとんど変わらない、大人達が成長する作品なんだ」という分析があって、なるほどと感心した覚え。
いや、関係ない話ですけど(笑)
 原作ゲームでプロデューサーって、ゲームのプレーヤー=自分、なんですよね?
そうすると、テレビを見ている視聴者に、成長を促すアニメって事になるでしょうか。
2015-04-01 Wed 02:38 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |