オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『アルドノア・ゼロ』13.「眠れる月の少女」

 タイトルに変更なく、話数も通しの13話として始まった、第二期。
 一期最終話から予想した続き方は、「脳死に至ってなかった」「瀕死状態を治療するアルドノア・テクノロジーがある」「姫はデューカ リオン、主人公はカタフラクトに脳(あるいは脳内データ)移植を行う」「実は途中からスレインが見た夢(カタクラフト能力による未来予測)になっている」 「フツーに二人とも死んだまま、他キャラを主人公に格上げして続ける」というものだった。
 …最初の二つが比較的近い感じ?

 二期放送開始まで興味をつなぎたい思いがあってのクリフハンガーだったのだろうが、フツーに「死んだと思われた二人とも(ザーツバルムを入れると三人?)生きてました」であり、その生存に、なるほど!と感じさせる理由付けが出来なかったのは拍子抜け。
 伊奈帆については、撃たれる瞬間に顔を振ることで脳への直撃を避け生存確率を上げていた、とかいう策士キャラならではのコジ付けもできなくはないか。
しかしそれなら、殊更にスレインを挑発する必要がなく、姫だけでも助けてくれと願うとか(彼は正面から戦うだけで心理操作は苦手なんだっけ)方法はあったような。

 伊奈帆に代わり主人公に格上げ出来そうな有能キャラを作ってないので、そりゃあ死んでもらっちゃ困るんだろうが。
逆に言うと、彼一人の無双が酷いってことか。
 今回も、凍結させるカタフラクト相手に、爆発で自機体を暖めつつ接近(だよね?)、というなかなか無茶な作戦を披露、見事成功させて敵を仕留めた。
比較的アイディアが掛かっている倒し方。
また海に落として周囲を凍らせ…というのも可能だった?シチュエイションをストーリーに都合良く設けるなら。
 伊奈帆がキスだけで姫からアルドノアの起動能力を貰い受けるのも、便利すぎてどうだろう…いや、無双無双。
 脚本・演出・作画共に、前期と変わらないレベル。
 今期も、突っ込んだりしつつ、最後まで見てしまいそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『デス・パレード』01.「デス・セブンダーツ」 | HOME | 『アイドルマスター シンデレラガールズ』01.「Who is in the pumpkin carriage?」>>

この記事のコメント

>キスだけで姫からアルドノアの起動能力を貰い受ける

スレインがタルシスを起動できたのも、それで説明がつきますね。

1クールのOPのラストシーンで涙目の姫が銃を構えるカットがありましたが、この展開だと銃口の先にスレインが居ることになりそうですね。
2015-01-17 Sat 22:18 | URL | gwr #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。