オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『DOG DAYS″』01.「再び、勇者の帰還」

 一期は2011年、二期が12年に放送されたこのシリーズ、というかサーガ、第三期の開幕。
 原作・都築真紀の人気シリーズである『魔法少女リリカルなのは』の箸休め的な作品、などと最初は失礼にも思っていたけれど、もうシリーズ数では追いついてしまった(四作目『なのはViVid』発表されているが)。

 異世界召喚・勇者物。
しかし、そういうジャンルとして無くてはならない・無いままでは有り得ないと思い込んでいた「恐ろしい敵・その世界の人々の悲惨な境遇・苦しい戦い」なん ていうものが、ほぼ存在せず、死人どころかケガ人も出さないスポーツとしての戦争で、そのスーパー選手として(後にはもう大好きな友達として?)主人公ら は召喚される。
 とにかくゆる~い、幸せな世界観のファンタジー(シリアス皆無ではないけれど)。
子供向け…幼児向け絵本でも、こんなにほのぼのしたファンタジー作品は珍しいような。

 今期、「いつものように」としか言いようのない慣れた手順で、主人公ら現実世界組三人は異世界入り。
かと思わせて、二人は見知らぬ地に落ちてしまうトラブル。
 新機軸の冒険が?「真面目に凶暴で、お馴染み呑気王国への武力侵攻を狙う国」へと落下、主人公・蛮国側の思考形態ギャップで衝突しつつ、次第に、殺し合 わないで済むならそれが一番良い、という方向へ国を導いていく…ぐらい変わったことやると面白いかなあ、などと思ってしまったけど、そこまでではなく。
 困った状態になっている森、新登場の少女が、新たな冒険を予感させつつ、でもそんなに酷い状況にはなりそうもない予測も。
 安定・安心・イヤな所がないことこそ、この作品の持ち味であり魅力。
それを台無しにしかねない愚を犯すべきではない、よね。
 好きな作品だし、のほほんと見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『聖剣使いの禁呪詠唱』01.「転生せし者」 | HOME | 『デュラララ!!×2』01.「百聞は一見に如かず」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |