オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ローリングガールズ』03.「英雄にあこがれて」

 苦難と出会いの旅に出る四人…かと思えば、もうビッグサイト辺りに着いちゃうのね。
まあ、そんなに距離がある訳でなし、通常なら原付バイクだって数時間で着けるはずか。
 困ったのは、作画が急激に落ちてしまったこと。
1、2話は、ハイクオリティーな画面で何も無い理不尽な物語をねじ伏せ、成り立たせる内容だったため、ここが崩れると作品への集中力まで落ちてしまう。
 急に吐く望未、慌てて頭をぶつけ合う望未ら三人…ギャグなのかも不明なぐらい、流れから浮いていて無理矢理な演出。

 前回、望未達はジェットコースター上でただ事故を恐れていたけど、車体から落ちた連中は無事だし、彼女自身にしても一話目で空高く吹き飛ばされた際「あいたた…」ぐらいで済んでおり、事故によりどのくらいのダメージを負うはずの世界観なのか、分かり辛い。
 ドタバタのお笑いアニメだし、真面目に考えるなよ、って事なんだろうか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『夜ノヤッターマン』03.「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをする」 | HOME | 『ISUCA』01.「邂逅」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |