オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ユリ熊嵐』04.「私はキスがもらえない」

 この作品に出てくるクマが表すのは、単純にクマのことではない。
クマが人を食べる、というのも、食肉的なものと捉えては誤りだろう。
断絶の壁、ユリ裁判、透明な存在…全部、想定したテーマに沿った特別な意味が込められているんだと思う。
 作品を読み解くことは、作中の様々な要素を手がかりに、作者の頭の中を覗き込んで理解しようとすること。
『ウテナ』も『ピングドラム』も、そうしなければ分からない(そうしても難しい)アニメだったけど、今回のは、分かり易いエンターテインメント部分が少ないため、ひたすら課題を解かされているようなシンドイ気分。

 「幾原監督は何を考えているのか」なんて興味ないよ、と思わせてしまっては、拙い。
いや、それをこそ楽しむ、楽しいと思う人達に向けたアニメなのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『ガッチャマン』 | HOME | 『艦隊これくしょん -艦これ-』04.「私たちの出番ネ!Follow me!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。