fc2ブログ

『アルドノア・ゼロ』最終24話.「いつか見た流星」

 う、うーん…呆気ない、というか非常にお行儀の良い終戦。
 アセイラム姫の演説一発で解決するなら、もっと早くそうすれば良かったのに。
第一期ではそういう状況になかったし、二期では昏睡が続いており、目覚めても状況の把握とスレイン監視下から離れるのに時間を取られてしまい、これで最速の対応だったのだろう、とは思うんだけど、余りにも簡単に戦いが終わってしまうので、つい。
スレインのみならず、父皇帝も、彼女にここまでの実行力がある(クランカインを夫に迎えるなど手段を選ばない)とは予想してなかったっぽい。

 激しい情熱と歪んだ怒り・愛情でもって指導者へと収まり突き進むスレインに、割と単純な火星騎士達は毒気を抜かれてしまい、それぞれ勝手なことをしていた彼らの行動動機が「スレインの下に地球侵攻を行う」へと一本化された。
が、スレインを動かしているものは実のところ更に単純な「姫様ラブ」と「界塚 伊奈帆このヤロウ」だけであり、アセイラム姫から拒絶されては気力を維持できず、戦争を放棄。
そうなるとスレインを支えと考えるようになっていた火星騎士達も戦意を失ってしまう…とかいう流れ?
 特にアニメでは、世界をも滅ぼそうとする凄まじい怒り・憎しみの原因が「上手く通じなかった愛情」「ちょっとした誤解」程度のことに基づいているケースが多く、そういう意味ではスレインも標準的キャラ。

 しかし、お行儀の良いアニメ。
 火星側はともかく、地球側までも、伊奈帆に過度な要求を押しつけてきたり、アセイラム姫と行動を共にしていた事による伊奈帆ら乗員への疑惑が持たれる、デューカリオンの没収・艦長交代を迫る等、いくらでも考えられそうなダークな展開を「迎えない」。
 最終決戦で、壊滅に瀕しているかと思われた地球軍にまだ結構大量の戦力が残っていたのは、意外。
まあ、初代『ガンダム』もそういう感じではあったか。
 最後まで戦うことを選んだ火星騎士達が、死ぬことに淡々としている所…ザーツバルムの最期と同様、実にお行儀が良い。

 乗機の特殊機能と引っかけ、スレインには近視眼的な未来しか見えていなかった、と感じさせる辺りは、なかなか。
 苦戦を感じさせる演出が足りていないので物足りなくはあるけれど、デューカリオンクルーが生き残ったのは結構。
伊奈帆、スレイン、どちらかは死ぬと思ってたな。
 スレイン…いつか囚われの身から解放される日が来るのかどうか。
レムリナは、もしかすると彼を待っていてくれるかも知れず、それを幸いと彼が思えるなら、救いかな。
 疑問点も詰めの甘さも多々あって、傑作とは言い難いが、「不利な戦況から、都合良すぎる新機能ではなく発想によって逆転する」困難な構成に挑戦した事を含め、毎週見続けさせるだけのパワーを持つ、興味深い作品だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク