オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『長門有希ちゃんの消失』01.「大切な場所」

 原作は『涼宮ハルヒ』のスピンオフ漫画、未読。
 本家シリーズは京都アニメーション制作だが、こちらはサテライト。
だからなのか漫画を原作としているからか、キャラクターデザインや画面の雰囲気がかなり違う。
しかし気合いが入った作画に違いなく、十分すぎるぐらい鑑賞に堪える。

 メインヒロイン・長門の性格付けが元のシリーズと異なっており、戸惑う。
Wikipediaによると、スピンオフというより「パロディー」らしいので、納得して見るべきか。
 『涼宮ハルヒの消失』での、超絶能力を持たず普通の女の子として育ってきた長門イメージを、拡張したもの。
あれは確かに、「元々不器用で小柄な少女なのに、頼りの特殊設定を失ってしまったらどうなるのか…(誰か付いていてやらないと心配だ)」と思わせ、魅力を増していたけれど、「一時的な異変で、いずれは超常的存在に戻るんでしょ」が前提の話。
本当に普通なままシリーズ化しては…どうなんだろう、こんなに長く可憐な長門が見られて嬉しい、か、これじゃ自分の好きだった長門じゃない!か。
独立したラブコメ作品としても見られるんだろうから、それでも。

 刃物の扱いが異常に上手い朝倉 涼子に、笑ってしまう。
剣呑だなあ、いつ豹変して刺しに来るかドキドキ(無いと思うけど)。
 よく喋る、フツーの長門も、それはそれで可愛い。
シリーズを最後まで見続けたいと思わせてくれるぐらい魅力あるキャラなのかは、まだ不明。
 もうしばらく見よう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』01.「冒険者(ベル・クラネル)」 | HOME | 『魔法少女リリカルなのはViVid』01.「セイクリッド・ハート」>>

この記事のコメント

自分としては、1話目から本家よりか面白く見れた。
最もあっちはシリーズ通して誰かさんがイジワルして、お話をシャッフルしてたせいで、アニメ組の自分としては単に混乱してアニメに集中出来なかったってのが、ホンネ。
キャラデに関してはキョンが一番違う?
普通の高校生っぽくなったかな。
宇宙人も未来人も超能力者もましてや神に近い存在の人間もいない、ごく普通の世界。
劇場版の消失に近いのかな。
2015-04-06 Mon 21:52 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。