FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『CLANNAD』12.「かくされた世界」

 眠ったまま悲劇的な運命を辿ると思われた風子が、元気で、何気なく出て来たのに、驚く。
 主人公らの記憶は戻っていないが、彼女の方は事態を正確に理解し、未来の予想までしてみせる。
 風子の担当パートは終わり、もう物語に関わってくることはない…と思っていたけど、意外とまだまだ、重要な役割を果たすのかな。
ことみ親の研究内容として語られた、多元宇宙論が関係している?
スポンサーサイト




アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『スケッチブック ~full color's~』最終13話.「ひとりぼっちの美術部」 | HOME | レンタルで映画『スターレック 皇帝の侵略』を見る>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |