オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『終わりのセラフ』01.「血脈のセカイ」

 原作漫画未読。
 人間が大量死するショッキングな開幕から、既存のイメージを上手く使いつつ、特殊な設定を理解させてしまう手際に感心。
長いナレーションとか、事態を正確に把握する便利キャラによる「つまり……」という説明が、必要となってしまいそうなのに。
 頑なに反発する主人公と、器用に立ち回って快適にやっているようなその親友。
この対立と、親友の真意、脱走への希望と、それが一気に転換しての絶望。
上手い物語作り。
 一人残された主人公…だけで一話は終わっても良かったろうが、謎の一団と出会わせて次回への興味を繋ぐ。

 大人になる前、一定年齢を超えたら死亡する、というのでは子孫が残せず、いずれ人類は絶滅し、吸血鬼も困りそうな。
まあ、頑張れば年少者でも子供を作れなくはない……お上から怒られそうな話だけど(笑)。
クローン培養する?ウィルスは既に消滅しており吸血鬼が管理する施設外では寿命を全うでき子孫も残している?
 先行きが気になり、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ガンスリンガー ストラトス』01.「戦端 もう一人の僕」 | HOME | 『電波教師』01.「高校教師はじめました」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。