オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『血界戦線』03.「世界と世界のゲーム」

 原作単行本を、アニメ三話目に当たる所まで読んでみた。
 うーん……アニメでは、分かり易く説明するセリフが削られていたり、原作の意図と違うだろう形で演出されていたりするのね。
 この三話目では、ゲーム勝負のラストで、心身ともに限界まで来ているクラウスへと更なる精神的揺さぶりをかけるドンに対し、僅かの動揺も無く断固とした態度で応えるクラウス、ここがクライマックスだと思うけど、驚くぐらいアッサリ何気なく流されてしまった。
激しいアクションなど無いシーンで、演出力の見せ所……なのに。
 呼応するセリフ「行動の規範を自らの外に置く」を削ったことと合わせ、これじゃ単に「クラウスさんは良い人なんです」という説明の話にしかならない。

 一話目をアニメで見た際、レオナルドが、自分の顔を踏みつけつつ意味不明のことを言う初対面のザップについて行ってしまうのが、不思議だった。
 原作読んで納得、薬物系凶悪犯罪者と武装機動隊?の激しい銃撃戦に巻き込まれたレオナルドは、目の力を使い、何とか逃げだそうとしたものの、死体が量産 される惨状に腰が抜けたようになって動けず、現れたザップに「人違いでもいいから助けて、ここから連れ出してくれ!」と叫んでるのね。
色々変えてしまったアニメでは、流れが分かりにくい。
 しかも、これは後に(時系列としては以前)描かれる「突然現れた魔物により、妹が自分を庇って目を奪われる間、固まって何も出来なかった」ことへの伏線……非常事態に剛胆な対応はできない弱い(普通の神経を持つ)主人公だ、という紹介でもある。
削って良い所ではないのに。
 アニメ一話目は、二話に分けた方が良かったろう。

 作画はキレイだと思うし、アクションのキレに優れた所もあるんだけど、作品として内容を理解しつつ楽しむなら、原作を読んだ方がいいような。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ミカグラ学園組曲』03.「ヒロイン未満」 | HOME | 『終わりのセラフ』03.「心に棲むオニ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。