オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『偉大なる、しゅららぼん』

 衛星で放送された映画『偉大なる、しゅららぼん』を見る。
 予告等でこの変わったタイトルのみ知り、ちょっと興味を引かれていた、それぐらいの前知識。

 うーん、中二病?
 まるっきりライトノベルな内容、それにしてはキャラも物語も地味で、物足りない。
 取り扱いが難しい淡十郎なんか面白くなりそうな性格付けだが、短時間では描ききれないのか、よく居る高飛車キャラぐらいにしか。
 恋愛が余り絡まないのは「ライトノベルとして」異質、しかしそれに替わる楽しさが提示できている訳でもなく、どうせなら清子をデレさせるぐらいのあざとさがあれば良かったのに。

 事件の真相「あー、なるほど」と「いやいやいや」。
都合良い物語の締め方にも「いやいやいやいや」。
ラストは軽~く、特に後を引くもの無く。
 つまらなくて怒り出すとかそんな酷さじゃないけれど、深夜アニメで見慣れたストーリーを薄ーくしたような映画。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『響け!ユーフォニアム』最終13話.「さよならコンクール」 | HOME | 『プラスティック・メモリーズ』最終13話.「いつかまた巡り会えますように」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |