オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』01.「一殺多生」

 Wikipediaによれば、ウェブサイトに連載された、TRPGリプレイの手法をとった創作物が原作(原点)……らしい。
 冒頭で今後登場するのだろうキャラをワーッと顔見せされても、初見視聴者に覚えられるはずなく、原作ファンへのサービスなのかな。
 セリフによる世界状況の説明もどうかと思うけど、さして複雑な状況でもないから、負担と言うほどでなく。

 第一話は、「少女の命を主人公自ら奪うことにより、使用が可能になるドラゴンの力」……これをどれだけドラマティックに、ショッキングに描けるかが最も大事だろう。
しかし、少女の影が薄いため、制作者が狙ったであろう程にはショックがない。
他勢力や謎キャラの存在なんか二話以降に回してでも、失われる少女の重さを感じさせないと。
 それで得られる力は、もっと圧倒的であるべき。
演出のパワーが足りないせいか、全体に緊張感がないし、カタルシスも弱い。

 これから、ドラゴンの力を使う度に誰かの犠牲が必要になる?
 構成に興味はあるけど、継続視聴の意欲は低め。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『アクエリオンロゴス』01.「叫べ!創声合体」 | HOME | 『響け!ユーフォニアム』最終13話.「さよならコンクール」>>

この記事のコメント

これアカン・・・
前期にあったガンスリンガー ストラトスと同様にダメな臭いがプンプンするw
2015-07-05 Sun 21:36 | URL | u12 #-[ 編集]
説明&解説回。
え?
主人公が手を下さなくても、見てる目の前で殺されるだけで能力発動?
姉が殺されたって最初こそ憎んでた弟の聞き分けの良い事w
あの位の歳の子供があっさりと納得出来る訳無い。
その上、自分が死ぬとか言い出す始末・・・
キャラクターが完璧に舞台装置でしかない。
何やらこのアニメ、スタッフが脚本家目指してる人に向かって、3話まで録画する様に言ってるらしい。
全くの意味不明である。
何様のつもりなんだろうか。

3話まで先行視聴組からも、あまり良い感想を聞かないんだが・・

山寺宏一の声がしてビックリ。
山寺が深夜アニメに出演するのっていつ以来だ(スペースダンディーは除く)?
キャストに関しては手堅くまとめるも、肝心な演出、ストーリーがお粗末。
2015-07-10 Fri 21:07 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。