オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『乱歩奇譚 Game of Laplace』01.「人間椅子(前編)」

 江戸川乱歩没後50年を記念したアニメ…らしい。
 乱歩作品は、子供向けにした明智小五郎シリーズをかなり読んだ、ぐらい。
肝心な時にいつも居ない名探偵と、すぐ捕まっちゃう小林少年にドキドキした覚え。

 アニメ。
 明智や小林の設定を大幅に変え、現代の学園物としてリファイン。
日本探偵物の基礎となった作品をそのまま映像化すると、古い・今更という感想を免れることは出来ないだろうから、この変更、妥当。
 猟奇な殺人事件を扱いつつ、特異な演出で作品全体を包み込むことにより、無用な血なまぐささから無縁に。
この辺は、監督・岸誠二の個性かなあ(一話目の演出は別の人だけど)。

 小林少年の過剰な色っぽさが楽しい。
若干ホモっぽい香りは、原作の持ち味でもある。
 きちんと推理物として成り立たせるつもりかどうか、次回明らかになる…かな。
 これは視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『青春×機関銃』01.「死なない殺し合いを始めようか」 | HOME | 『アクエリオンロゴス』01.「叫べ!創声合体」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |