オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『うしおととら』01.「うしおとらとであうの縁」

 原作漫画は連載当時読み、紙面から吹き付けてくるような熱気に圧倒された覚え。
OVAはあったものの、テレビアニメ化されていなかったのが不思議なぐらい面白い原作。

 アニメ。
 とらの声、OVAから大塚周夫のイメージが強かったので、またそのご逝去を悼みつつ。
 滅多な人には代わりが務まらないと思うけど、誰?と、声を聞いてもしばらく分からなかった。
えええ小山力也なの?あの人、こんな声も出せるんだ。
最初はどうしても違和感あったが、視聴者にすぐ馴染ませてしまう声のパワー、さすが。
 うしおはまだ、違う……と感じてしまう、しかし演技力には問題ないようだし見続ければ慣れるだろう。

 物語は、原作に忠実。
ちょっと古いタイプの(失礼)ギャグまで、そのまま再現してある。
 うしおととらの出会いから最初の戦いまで、結構強引な展開なんだけど、笑いと熱血のパワーでとにかく見せきってしまう。
毎回のバトル・うしお、とらの隠された真実・シリーズクライマックスに至るまで、冷静に考えると様々無理あるのに、作品パワーを一切落とさずに突っ走り、最後まで読者を放さず引きずっていった。
この血管がブチ切れるようなテンションの高さは、他の漫画を読んでもそうそう体感できるモノではない。
 アニメでどこまで再現できるのか、見物。
 ところで、「アニメ化されてオモチャ屋が提供なら、獣の槍は漫画通りの無骨なものでなく、絶対ギミック満載の玩具展開しやすいデザインに変えられる」というの、原作連載当時、ネタとして言われたモノだけど、深夜アニメなせいか、そのまんまだったなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ULTRA SUPER ANIME TIME』01. | HOME | 『城下町のダンデライオン』01.「櫻田さんちの9人きょうだい」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |