オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『それが声優!』01.「アフレコ」

 原作漫画未読。
何も知らず見たため、『ハヤテのごとく!』の畑 健二郎が原作作画を行っていることに驚いた。
いつの間にこんな仕事を?『ハヤテ』以前?という疑問は、Wikipediaを読んで解決、なるほど。
 声優業界物コメディー。
声の部分だけに特化した『SHIROBAKO』とも言える……のかな。

 野沢雅子が本人役で出演しているのにビックリ。
アニメ内で描かれていたように、とても優しい人だという噂。
声優さんで、仕事に厳しいため甘い顔をしない人は居ても、ただイヤな人というのは聞かないが。
 声優は、長く続けることがホントに難しい仕事。
努力を続け、十分な実力を身につけ、ヒットした作品での役があったとしてさえ、現役で居続けるのは困難。
 だから、そのお仕事には敬意を持って臨むべきだと思うし、話題だけのためにアイドルやお笑いに声優のマネゴトをさせるなんてのはもう最悪の……いや余計な話。
もしかしてこのアニメ本編で、こういう話題が出るかも知れないけど。

 エンディングの歌詞や喋り部分は、毎回変わるのかな。
 その辺も楽しみに、見続けよう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『モンスター娘のいる日常』01.「ラミアのいる日常」 | HOME | 『のんのんびより りぴーと』01.「一年生になった」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |