オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『オーバーロード』01.「終わりと始まり End and beginning」

 原作ライトノベル未読。
 完全没入型ネットワークゲームを題材にした作品……ちょっと食傷気味。
そこに異常事態が起こり、日常に帰れなくなった(?)ことからゲーム世界での生死を賭けた冒険が始まる、という筋立てもほぼ見慣れたモノ。

 違うのは、主人公が魔王側に居ること、そして、直後にネットワーク提供サービスの終了が迫っていること。
 一時は隆盛を極めたのだろうゲーム世界に、ログインしている人間はほぼ居ず。
プログラムで動くだけのNPCのみ、主人公の周りに付き従う。
最後の時を惜しむ仲間さえ集まらない寂しさが何とも言えない。
 この「寂しさ」への感情移入が(感情移入できた人だけが)、作品へのシンクロ率をグッと押し上げ、特別なモノにする。

 主人公は、ある程度の年齢であり、ゲームプレイヤーとしてもベテランであるため、異常事態にも慌てることなく、ゲーム中の役割を全うできている。
 そのため、配下のNPCは問題なく忠誠を尽くしており、一話の最後まででは「主人公に危機が迫っている」雰囲気は、余りない。
ゲーム世界から逃げ出すログアウトを、主人公自身が望んでないみたいだし。
 異様な姿の魔王となり、異形の者達に囲まれていながら、不思議と癒やし系物語。
 導入部で侮っていたよりも、ずっと面白いアニメ。
ここからどういうストーリーになっていくのか興味あり。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『空戦魔導士候補生の教官』01.「E601小隊」 | HOME | 『六花の勇者』01.「地上最強の男」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |