オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『がっこうぐらし!』02.「おもいで」

 第一話最後でこの世界の真相を見せたことにより、もう遠慮無く残酷な現実が、オープニングからも示される。
「ほのぼの日常部活系」→「僅かな油断が死(それより残酷な変化)に繋がる世界で、ほのぼのした日常の幻覚を見続ける少女と、彼女を守って上げたいと思う他部員達のサバイバル・ストーリー」に。
 現状を認識できていない由紀は確かに危険だけど、無理に目覚めさせては心を押しつぶすことにも繋がりかねず、また、明るく元気で居てくれる彼女の存在は他の少女達にとって「失われた日常」の残滓であり、救いなのかも知れない。

 大人が居ないのは辛い所。
 教師・めぐねぇが本当に残っていれば……彼女自身が精神的に耐えられたかどうかは不明だが。
死して(?)なお、生徒達・由紀を守る彼女の姿が胸に痛い。
 由紀の想像的存在にしては、通常の認識外の言動やリアクションがあり、霊……超常的キャラなのかと思えるフシも。

 ゾンビがどの程度の期間、行動可能なのかは、作品による。
夏が近いようだから、普通なら腐敗が進み、古いモノから動けなくなるはず。
しかし、何しろ常識を越える状態への変化で、「未知の病原菌により人体が全く異質の構造に作り替えられ腐敗しない」という解釈も成り立つからなあ。
 大体(主に映像技術的な問題によるが)腐って行動不能になったゾンビを登場させる作品の方が、珍しいぐらい。
 防腐剤入り食品を常食していると死亡しても腐敗しにくい、とかいう都市伝説も。
 少女達の受難が終わるのはいつの日か……
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 | HOME | 『実は私は』02.「秘密を守ろう!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。