オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』最終12話.「伊丹なら」

 最後まで、自衛隊スゲー、日本ツエーだけで押し通してしまったような感じがあり、ちょっと残念。
じゃあ自衛隊がコテンパンにやられる展開なら良かったかというとそうでもなく、遙かに進んだ技術で相手を圧倒する「架空戦記」っぽい楽しさは確かにあった。
 物理的常識が通用しない異世界の魔法攻撃に苦戦するとか、自衛隊員が攫われて人質になる、鹵獲された兵器が異世界人により使われるなど、あと少し苦労して緊張感を醸し出しても良かったような。

 アメリカ・ロシア・中国他、異世界での権益を狙う大国からの介入や妨害も期待したが……「温泉宿を襲撃する特殊部隊」「ロゥリィによりアッサリ撃退される」という分かり易い図式で終了。
 日本国内の反応も、異世界からの侵攻により多数の死傷者を出した国民感情を背景に複雑な物があるだろうと予想したけど、「自衛隊を嫌い与党の揚げ足取りを狙うバカ野党」「格好良い総理大臣や『太郎閣下』」「素晴らしく理性的な国民」といった、紋切り型だったり楽な描き方に終始。
 昨今の世界情勢に照らし、ドラゴンに襲われ圧政に苦しむ異世界民衆が大挙して日本への移民・難民認定を求めてきたら、政府はどういう対応を示すのか、とか考えてしまう。
まあ、この作品世界でそういう事態は起こり得ないだろうが。

 気軽に読める作品を意図したと思われる原作・アニメに対し、最初から描いていないことを勝手に期待して勝手に不満がられても、制作者は困るかな。
 キャラの魅力、文明間ギャップがもたらすコミカルさ、圧勝チート戦の気軽さなど、最後まで見続けさせる力を持つ作品だった。
 第二部ドラゴン退治は自衛隊が勝つんでしょう、としか言いようがないけど、それでも再開を楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』最終12話.「下ネタよ永遠に」 | HOME | 映画『ジュラシック・ワールド』>>

この記事のコメント

同型の作品である「アウトブレイクカンパニー」よりかは一歩踏み込んでると自分は感じましたが・・
それに歴史を現代日本となぞってるとなると弱腰な福d・・・もとい、森田首相では雲行きが怪しい。
来年の1月から2クール目が始まりますが、多分もう現代日本には行かなそうな?
どのアニメでも映画でも自衛隊の扱いは酷い物が多いので、このアニメくらいは自衛隊に花を持たせても良いのではw
2015-09-26 Sat 21:46 | URL | u12 #-[ 編集]
> 同型の作品である「アウトブレイクカンパニー」よりかは一歩踏み込んでると自分は感じましたが・・

 『アウトブレイク…』根性のないことに途中までしか見ていません。
が、そうですね、踏み込んだ内容だったと思います、それでも「もっともっと」を求めてしまうのが身勝手視聴者の貪欲さ。

> どのアニメでも映画でも自衛隊の扱いは酷い物が多いので、このアニメくらいは自衛隊に花を持たせても良いのではw

 自衛隊、基本的に好きですから、強く気高くあってくれるのは文句ないです。
ただ、ドラマとしては「より強い敵」が出現して苦戦したり、裏切り者を出したりした方が盛り上がるかなあ、というだけで。
2015-10-24 Sat 14:38 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。