オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』最終12話.「下ネタよ永遠に」

 社会問題的な部分への批判は凄く抑えめにし(ほぼ無い)、下ネタ・馬鹿ネタを徹底したのが、いっそ心地よい。
 相対する敵として、最後まで在り続けると思われたアンナの変貌!
ストーカーというか厄介なターミネーターというか、「美人だから大抵のことは許される」範疇を遙かに超える異常性。
 作り手も彼女を描くのが段々楽しくなってきたのか悪ノリ暴走しており、キャラが面白くなりすぎて、当初は強烈だった綾女の影を薄くしてしまう騒ぎ。

 放送禁止用語を連発する綾女のセリフや、マークで隠された部分の絵は、ソフト化の際はオープンになる?(一部除き、なってるらしい)
いや、テンポ良く「隠す」のがギャグとして機能しており、全部見せれば・聞かせれば良いとばかりは言えないか。
 気楽に見られる、全力で作られた馬鹿アニメ。
面白かった。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『のんのんびより りぴーと』最終12話.「一年がたった」 | HOME | 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』最終12話.「伊丹なら」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |