オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Charlotte』最終13話.「これからの記録」

 何というか、変わったアニメだった。
 能力を持つ生徒を集めた学園を舞台とするコメディー基調のお話、だと思っていたので、歩未が遂げる非業の死、そこから始まるシンドイばかりの荒れた有宇エピソードに戸惑う。
 心の痛みを友利により乗り越え、成長する有宇の物語になるかという予想も裏切り、タイムリープ能力で死を「なかったことに」。
何でもアリか!なんだけど、各種の便利な能力者が登場した時点でこの作品は既に何でもアリ。
 能力者を狙う勢力との戦いで発生する死。
また無しにできるはず、と思ったけれど、こちらはムリなことにされてしまう。

 そこから、悲劇の元凶を断ちたい……は、まあ分かるにせよ、世界中を回って一人ずつから能力を回収してくる、というのが無茶というか物語として面倒くさい。
良い方向に力を使っていた人からも強制的に力を没収するエピソードをわざわざ入れたのは、独善すら感じさせてしまって、うーん。
 じゃあどうすれば最も良い結果になったのかを考えさせる内容でもなく、見終わって、何を伝えたかったのか戸惑ってしまう。

 意外な展開があり、次にどうなるか容易に予想させない面白さがあって、最後まで見続けられた。
構成を見直したり中盤から増えた(居ただけのが多い)キャラクターを整理すれば、もっと評価を上げられたろうか。
 色々あったけど、結局は有宇と友利の恋を描こうとした作品……なのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ルパン三世(2015)』01.「ルパン三世の結婚」 | HOME | 『それが声優!』最終13話.「査定」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |