オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アニサン劇場 今際の国のアリス』01.「くらぶのさん」

 シリーズ全十二話構成で、四つの漫画原作を、それぞれ三話アニメ化して放送する枠。
変わった放送形式だなあと思ったけど、これは原作漫画単行本に付属したOVAをテレビ放送する、ってことなのね。
 『今際の国のアリス』は、「週刊少年サンデー」掲載分だけ既読。
緊迫感ある「げぇむ」とその突破方法のアイディア、緩くないキャラクター同士の関係が面白く、優れた漫画作品。

 アニメ。
 原作の一話目に当たるのか、理不尽さ不可解さも含め、分かり易い作り。
深い信頼で結ばれているっぽい有栖ら男子の関係が、ちょっと説明不足かなあ唐突に感じられる。
 肝心の「げぇむ」……まだ易しい内容で、アニメでは緊張感が弱いためか「火矢が飛んでくるタイミングも分かっているのに、問題回答者以外もウロウロして いる間抜けさ」「建物の下にさえ隠れていればほぼ助かりそう(最後の大量火矢からは逃げられない?)」なんてツッコミが浮かんでしまう。
 とはいえ、演出・作画とも水準に達しており、手抜きは感じず。
 三週後に放送される『姉ログ』原作の大ファンなので、そこまでは見てみたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『Dance with Devils』01.「倒錯と禁断のカドリール」 | HOME | 『落第騎士の英雄譚』01.「落第騎士 I」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |