オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『無彩限のファントム・ワールド』01.「ファントムの時代」

 自社文庫ライトノベル(未読)作品を京都アニメーションが映像化。
 冒頭、「目の錯覚」を説明する小ネタ(有名な物ばかりではあったが)で視聴者の興味を喚起しようという作り、上手い。

 最初に見せられる舞の退魔アクション、そこいらのアニメなら第一話のクライマックスに持ってくるぐらいの出来。
これをサラッと流す扱いにしてしまえる余裕が、京アニだなあ。
 過剰なほどの巨乳アピールを繰り出し視聴者にサービスする舞。
ここまで露骨なのは、この会社としては珍しいような。
 深く考えさせずテンポ良くポンポンと進んでいき、美少女なのにトンデモない顔で魔物を吸い込んでしまう玲奈やラストのリンボーバトルにも馬鹿馬鹿しさがあって、楽しく見終えられる第一話。

 文句を言うような欠陥など無い、けれど、京アニ作品に最近「技術力の高さには言う事無いが、作品全体としてはあと一歩」と感じることが多いため、無難な導入部では、このアニメも……?という、まあ贅沢な不安を感じてしまう。
 『ユーフォニアム』の評価が高かったこともあり、自社レーベルの原作に拘らず作ることを期待したい。
自社内で完結すると、権利関係スッキリするし、原作内容の改変も比較的自由に出来るメリットはあろうが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』01.「メロディアスな暗号」 | HOME | 『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』01.「ON YOUR MARK 運命のはじまり」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。