オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『だがしかし』01.「うまい棒とポテフと…」「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」

 原作漫画は、「少年サンデー」連載で既読。
とても好きな漫画。
 食べ物に絡めてドラマを語る漫画作品は多々あるけれど、「駄菓子」という特異なジャンルに限定し、ストーリーを語ろうとするアイディアが素晴らしい。
 駄菓子って、子供の頃は誰でも食べた覚えがある…と思われ、だから「もう大人になったキャラクターが駄菓子を通して自らの幼少期を思い出し、その記憶が現在の状況へと繋がっていく」形で、十分年長者にアピールするドラマを作ることは可能。
青年誌から「ビッグコミックオリジナル」ぐらいの読者まで、ターゲットに出来たんじゃなかろうか。
 しかし、「少年サンデー」向けにその辺はバッサリ切り捨て、回顧するにはまだ若いキャラクター達が、今、駄菓子に触れつつコミカルなストーリーを展開するコトに絞った思い切り、素晴らしい。
 美人な上にお金持ちの令嬢でありながら、駄菓子に関してはおバカさんな姿をさらし、放っておけない頼りなさも見せる、ヒロイン・ほたるの造形が実に良くて、作品成功の大きな原動力。

 アニメ。
 原作ファンにも違和感のない頑張った作画。
ヒイキのキャラ・遠藤 サヤを、可愛く描いてあるのが嬉しい。
 演出もテンポ良く問題なし。
 気楽に見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ディバインゲート』01.「止まない雨」 | HOME | 『ノルン+ノネット』01.「空を征く船」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。