オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ULTRA SUPER ANIME TIME』3rd SEASON 01.『おしえて!ギャル子ちゃん』『石膏ボーイズ』『コミックス・ウェーブ・フィルム オムニバス 旅街レイトショー』

 三十分に三本のアニメを詰め込んだ枠放送、三期目。
 前期枠内では『ハッカドール THE あにめ~しょん』が、パワフルなギャグパロディー作品として出色の出来だった。
「作画崩壊」をワザと再現し、ガチャガチャになったボディーラインで酷い踊りを披露するシーンとか、笑ったなあ。
真面目にイイ話を突っ込んでみたり、単一の芸風だけでないのはポイント高い。
ちょっと後半に息切れを感じてしまう所もあるため、続編を期待して良いのかは難しいけれど、だからこそ駆け抜けた・やり切った印象のアニメ。

『おしえて!ギャル子ちゃん』01.「ギャルな女の子って本当ですか?」
 原作漫画は、まずWeb連載で読んですっかり虜になり、単行本を購入。
 いかにも遊んでるギャル風爆乳ボディー女生徒の外観と内面のギャップ、ほとんどそれだけを描く内容。
お話の全てを通して「ギャル子の魅力」を高める構成になっており、読めば読むほど彼女を好きにならされてしまう罠。
 成人向け漫画が一本描けそうな発想を、ギュッと一ページに凝縮して(当然、無用なエロさは抜き)描いたネタもあり、感心したり勉強になったり。
 アニメ。
原作が短いため、一話あたり短時間の放送は好都合。
イメージを崩さぬよう頑張った作画、声にも違和感なく、ギャル子の魅力は醸し出せていると思う。
気楽に視聴継続。

『石膏ボーイズ』01.「私の芸術的人生の7年間を要約する現実的寓意」
 変なオリジナルアニメが始まった、と思えば、ホルベイン画材とかがプロデュースする石膏像アイドルグループは実在(実在…?)する、それを題材にした企画なのね。
 これが結構有名な存在なら隠すまでもないので別だけど……アニメ冒頭でアイドルが実は石膏像だというネタをバラしているため、一話ラスト、ヒロインが体験する驚きを共有できず、インパクトを与える出オチに失敗しているような。
 恐ろしいほどのキワモノアニメ。
面白くなるかどうかは完全にスタッフ次第。

『コミックス・ウェーブ・フィルム オムニバス 旅街レイトショー』
 これは原作無しの企画物?
 アニメは止め絵ばかりだし、料理を扱うストーリーとしてもちょっと弱い気が。
萌えじゃないのは勿論、大人向けにも微妙な内容。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』13.「開宴」 | HOME | 『ディバインゲート』01.「止まない雨」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。