オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『Dimension W』01.「回収屋」

 ヨメが原作ファンなので単行本は全部あるんだけど、自分は所々つまみ読みした程度。
 第四の次元軸から無限エネルギーを取り出すことに成功し、様相が一変した世界……というSFな設定が面白い。
それらシステムの開発者である博士が、何を恐れ、何を成そうとしていたのか、その辺りが物語の中心になっていくのか(ちょっと『ジャイアントロボ 地球が静止する日』を思わせたり)。
 取りあえずは、けなげで可愛らしくしかし超パワーを備えるミラと、ダルそうなキョーマの関係を見ていれば。

 とにかく画面クオリティーが高く、見応えあり。
 アクションもハッとさせる所が多々あって、楽しい。
 ヨメによれば、不満が出ないくらい原作通り進めているらしい。
 監督の亀井 幹太作品は、『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』『冴えない彼女の育てかた』と途中脱落しており、不安はあるけれど……このレベルを維持できるなら、見続けられそう……だと思う。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『灰と幻想のグリムガル』01.「ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ」 | HOME | 『ナースウィッチ小麦ちゃんR』01.「まじかるナース、誕生!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。