オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』15.「帝都激震」

 皇帝と謁見した際、自衛隊員が武装解除もされていないのに驚いた。
自衛隊に非礼なマネをして怒らせると城ごと破壊されかねない、というピニャの忠言を容れたものか……それにしては、まだその戦力を甘く見ている勢力が居るし、敬愛される皇帝ではないにしてもさすがに殺害されちゃ困るはずで。
自衛官に暴行され、下手をすれば殺される恐れもあった息子を、ただ放置する皇帝といい、何だか不思議。
 帝国が効果的反攻手段を持っているとすれば、先に手を出させてから反撃しようとする選択もあったろうが……いや、もう領土に侵攻されているのだし今更そんな大義名分は必要ないか。
 現実を認識できない(という風にワザと振る舞ってる?)皇子、他一部を除き、もう大方の戦意は消失しているのかな。

 非道な扱いを受けていた日本人を目にし、その場で衛兵を殺して皇子をブン殴って奪還してみせる自衛官は、ファンタジー。
例えば現実、某国でボロボロにされた拉致被害者を発見しても、国際的関係や日本としての姿勢があり、個人の(しかも自衛官の)判断で相手国の抵抗を排除して連れ帰ることは許されないだろう。
その国に、ロクな戦力が無いとしても。
 だから、だから、嬉しいシーンだった。
 老齢でもうどれだけ元気で居られるか分からない(既に亡くなった方達も)ご家族の元に、何の罪もなく拉致された被害者を帰してやりたい、犯罪国家の兵士 を何人殺しても独裁者の顔の形が変わるまで殴っても、それで日本国としてどれだけの不利益を被ろうとも、それが国として成すべき義務であり「正義」でさえ あるんじゃないの?と思うので。
そんなこと出来るはずないし、やってはいけないのも分かった上で。
 だからこそのファンタジー。
 ズルいなあ、こういうのはズルいよ、でもちょっと泣きそう。

 「我が国は(民を愛しすぎるという)弱点を国是としております」といったセリフも格好いいけど、そうかなあ?と感じられる部分が現実には多々あり、複雑。
虐げて搾り取って殺せ、なんて非道な国家じゃないのは当然だが。
 これもまあ、ファンタジー日本の有り様だと思うべきか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<『無彩限のファントム・ワールド』03.「記憶コピペ作戦」 | HOME | 『おそ松さん』15.「面接 じょし松さんリターンズ チビ太の花のいのち」>>

この記事のコメント

>皇帝と謁見した際、自衛隊員が武装解除もされていないのに驚いた。

まぁ一応地震の直後で、地震の経験のない向こうの世界の兵士達が
恐怖のため完全に役立たずになっている状態の中でのドサクサの入城
ってのは描かれてましたけどね。

むしろその後の展開で地震の件はどうした?という本来の城に来た
理由が飛んじゃってるくらいでしたし…
2016-01-21 Thu 12:52 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
一期最後が「伊丹なら」だったので「伊丹だからやっちゃった」ってことなんでしょうね。
止めない菅原や発砲許可に素直に応じる栗林らは伊丹に感化されちゃってるのかと。
特に菅原はシェリー(真珠娘)の件がありますし。
2016-01-21 Thu 13:36 | URL | nas #-[ 編集]
 >>「我が国は(民を愛しすぎるという)弱点を国是としております」といったセリフも格好いいけど、そうかなあ?と感じられる部分が現実には多々あり、複雑。
虐げて搾り取って殺せ、なんて非道な国家じゃないのは当然だが。
 これもまあ、ファンタジー日本の有り様だと思うべきか。


これある意味、現自衛隊(日本政府)に対する皮肉にしか聞こえんのだけどw
実際の自衛隊にしろ与党にしろ対中、対北に対してこんな強気に出れる訳無い。
それとも作者の願望とも言えるのかな。
2016-01-22 Fri 22:12 | URL | u12 #-[ 編集]
韓国でこの話が「歴史歪曲、恥ずかしい歴史に対する美化」とSNSで拡散してるそうです。
奴隷を救ったのが気に入らなかった模様
2016-01-23 Sat 14:06 | URL | nas #-[ 編集]
> まぁ一応地震の直後で、地震の経験のない向こうの世界の兵士達が
> 恐怖のため完全に役立たずになっている状態の中でのドサクサの入城
> ってのは描かれてましたけどね。

 そういう時だからこそ身辺警護を固めないと、テロや天変地異が起きたら、まず意思決定を司る指導者の保護が優先されるでしょう……というのは現代・現実界の話で、異世界中が縮み上がっているだろう地震直後、皇帝を殺そうとする剛の者が居るとは思えず、また万が一に備えるべく訓練された護衛兵も居なかったんでしょうね。
2016-01-24 Sun 09:55 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 一期最後が「伊丹なら」だったので「伊丹だからやっちゃった」ってことなんでしょうね。

 この作品中で一番ファンタジーな存在が、伊丹なのかも知れないですね。
2016-01-24 Sun 10:19 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> これある意味、現自衛隊(日本政府)に対する皮肉にしか聞こえんのだけどw

 うーん、「閣下」を理解と男気ある人物に描く所とか、割合マジな感じはしなくもないです。
2016-01-24 Sun 10:29 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 韓国でこの話が「歴史歪曲、恥ずかしい歴史に対する美化」とSNSで拡散してるそうです。
> 奴隷を救ったのが気に入らなかった模様

 異世界冒険ファンタジーに、そんなこと言われましても、以外無く。
 二次大戦中を舞台に、非道な扱いを受ける韓国・中国人女性をひたすら解放していく正義の日本軍を描いた、というならまだしも。
 まあ日本だって、『U・ボート』はドイツ軍の悪逆非道さを描いてないからダメだとか『インデペンデンス・デイ』は核兵器を使っているだけで気に入らない、というフィクションの楽しみ方が分からない方はいらっしゃいますので、相手国の政府が正式に抗議でもしてこない限り、「そういう人達も居るんだねえ」ぐらいに受け流すべきでしょう。
2016-01-24 Sun 10:54 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
地震って現実でも日本ほど頻繁にある国はまずないので
海外ではわりと小さい地震でも皆狼狽えるらしいですね。
さすがに今回のGATEみたいに兵士までそれじゃ困りますけど。

>また万が一に備えるべく訓練された護衛兵も居なかったんでしょうね。

姫も少しだけ触れていましたが、実際練度の高い兵士は不足しているようです。
手練は日本に攻め込んだ時等で殺されたり捕虜にされたりで減ってしまったらしく。

ちなみに原作や漫画版ではやってしまったことに対して伊丹達が
「やっちまったー、どう上に報告しよう」と悔やむシーンもあったそうです。
あと、あの後に揺り戻しの地震があってまた兵士たちが狼狽えている間に
伊丹達は帰ったとの事。
2016-01-24 Sun 17:07 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]
> 姫も少しだけ触れていましたが、実際練度の高い兵士は不足しているようです。
> 手練は日本に攻め込んだ時等で殺されたり捕虜にされたりで減ってしまったらしく。

 なるほど、そうでした。
 まだ日本の実力が分からないうちに総力戦を挑んでしまった失策が、その後もう、戦況を挽回できない所まで王国軍を追い込んでしまったのでしょう。
いや…自衛隊の戦力を知ってからさえ、周辺国の兵力を削ごうと無駄な戦いを強いる愚策なんか用いてましたね、国王。

> あと、あの後に揺り戻しの地震があってまた兵士たちが狼狽えている間に
> 伊丹達は帰ったとの事。

 その絵を想像するに、ちょっと笑ってしまいました(^ ^)
都合良く起こってくれますね、地震。
2016-01-30 Sat 19:10 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。