オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『動物戦隊ジュウオウジャー』01.「どきどき動物ランド」

 スーパー戦隊シリーズ第40作目記念……らしい。
だからなのか、異世界の風景、ロボットの巨大感など、第一話だというのもあるけど、気合いが入っている。
 ヒーローモチーフが動物という大自然・野生を感じさせるものなのに、変身アイテムやメカの基本ラインは人工的キューブだ、という取り合わせ、アンバランスで面白い。
キューブは、別れて回転することからルービックキューブイメージなのだろうが、異世界風景に基本四角の物体が積み上がっているのはゲーム『マインクラフト』を思わせる。
 火の輪くぐり(野生というより飼い慣らされた芸のような)をして、縦に並んだキューブへと団子かおでんのように串をブッ刺す巨大ロボ合体システム、節操が無くてちょっと笑ってしまった。
 「イーグル、シャーク」ときたんだから「パンサー」に続いて欲しくなるのは、『サンバルカン』世代のオッサンだけだろうな。

 顔はサメやトラでありながら、体が女の子だという倒錯性、一部の歪んだ皆様にアピールしそう。
唯一人間の主人公と彼女らが恋愛に陥ると(戦隊にあんまりそういう要素はないが)、「いくら可愛い完全人型変化をしていても実体は人間じゃない」ことが思い出されそう。
いや、その種族を越えた関係がまた萌え所かも……
 一話目は、いきなりキューブを所持している主人公、唐突な異世界への転移と出会い、侵略者の襲撃で現実界へ異世界人を伴って帰還、主人公を捕らえようとしていた異世界人四人と変身して共闘、と、少々詰め込みすぎた内容。
現実世界で、キューブを取り返そうと潜入捜査していた異世界人と主人公が出会い、モメているウチに侵略者が現れ撃退するが、ラストで取り押さえられた主人公は異世界へと連行されることになり、続く、ぐらい整理して良かったような。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』19.「危険な姉妹」 | HOME | 『この素晴らしい世界に祝福を!』05.「この魔剣にお値段を!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |